コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊楚歳時記 けいそさいじきJing-chu-sui-shi-ji; Ching-ch`u-sui-shih-chi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊楚歳時記
けいそさいじき
Jing-chu-sui-shi-ji; Ching-ch`u-sui-shih-chi

中国の揚子江中流域地方を中心とした年中行事記。6世紀,の宗懍撰。当時の庶民の信仰,習俗などがわかる。7世紀の初め頃,隋の杜公膽が改編増補し,注をつけた。中国歳時記の古典として後世まで広く読まれ,日本の守屋美都雄の詳細な研究がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいそさいじき【荊楚歳時記】

中国、六朝時代の荊楚(現在の湖北湖南省)地方の年中行事や風俗を記録したもの。梁(りょう)の宗懍(そうりん)の撰。6世紀半ばごろ成立。全1巻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

荊楚歳時記【けいそさいじき】

中国,梁の宗懍(そうりん)が6世紀に著した年中行事記で,民間のものとしては現存最古。隋の杜公瞻(とこうせん)が注を付している。荊楚(長江中流域)方面の生活記録であるが,注には南北の風俗の相違や年中行事の沿革などが付されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいそさいじき【荊楚歳時記】

六朝時代の荊楚(現在の湖北・湖南)地方の行事・風俗を記録したもの。一巻。梁の宗懍そうりん撰。六世紀半ば成立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊楚歳時記
けいそさいじき

中国、南朝梁(りょう)代(6世紀)に、江陵(湖北省)の人宗懍(そうりん)によって著された荊楚地方(揚子江(ようすこう)中流域の湖北省、湖南省一帯)の年中行事記。原名は『荊楚記』であったともいわれる。7世紀になって、隋(ずい)の杜公瞻(とこうせん)が注釈をつけ、『荊楚歳時記』という書名が確定するとともに、原書の内容が補足された。その内容は、正月年始の行事に始まり、競舟(けいしゅう)などの民俗行事、灌仏会(かんぶつえ)などの仏教関係の行事や諸種の風俗、習慣、民間信仰に至るまでのさまざまな範囲に及ぶ。[中村圭爾]
『守屋美都雄訳注、布目潮他補訂『荊楚歳時記』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荊楚歳時記の関連キーワードホトトギス(鳥)守屋 美都雄ハハコグサ端午の節供中国演劇六朝時代湖南省湖北省ヨモギ一巻夏至モモニラ草餅煎餅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android