コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻江露友(1世) おぎえろゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻江露友(1世)
おぎえろゆう[いっせい]

[生]?
[没]天明7(1787).7.5. 江戸
荻江節家元。もと津軽藩士千葉新七と伝えられる。初め長唄の歌い手で,明和3 (1766) 年江戸市村座に出演,わずか3年ほどで舞台を退き,吉原男芸者となったらしい。吉原で節を細かく優艶なお座敷本位の長唄の歌い方を考案,流行させた。メリヤスを得意とした。のち剃髪して長谷川泰琳と号す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

荻江露友(1世)の関連キーワード天明

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android