コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻江露友(1世) おぎえろゆういっせい

1件 の用語解説(荻江露友(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荻江露友(1世)
おぎえろゆういっせい

[生]?
[没]天明7(1787).7.5. 江戸
荻江節の家元。もと津軽藩士千葉新七と伝えられる。初め長唄の歌い手で,明和3 (1766) 年江戸市村座に出演,わずか3年ほどで舞台を退き,吉原で男芸者となったらしい。吉原で節を細かく優艶なお座敷本位の長唄の歌い方を考案,流行させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻江露友(1世)の関連キーワード六条有栄細川治年尾上菊五郎(2代)勝川春常吉右衛門(本湊焼,4代)佐々木径童内藤政広芳賀潜庵前田利久山口弘務

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone