コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻江露友 おぎえろゆう

世界大百科事典 第2版の解説

おぎえろゆう【荻江露友】

江戸長唄から分派した荻江節の家元。(1)初世(?‐1787(天明7)) 初世松島庄五郎の門人と伝える。本姓千葉。津軽藩士の子という。1766‐68年(明和3‐5)の間,江戸市村座の立唄(たてうた)として活躍,富士田吉治(次)と並び称されたが引退,吉原に入ってお座敷風長唄を創始。のち剃髪して長谷川泰琳。2世はその弟子有田栄橘(1744‐95),3世は2世の弟子喜仙というが未詳。(2)4世(1836‐84∥天保7‐明治17) 東京深川の豪商近江屋(飯島)喜左衛門。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻江露友
おぎえろゆう

荻江節の家元名。[林喜代弘・守谷幸則]

初世

(?―1787)荻江節の創始者。初名は千葉新七といって津軽藩士千葉源左衛門の子、のちに長谷川と改姓し泰琳(たいりん)と号した。長唄(ながうた)の初世松島庄五郎(しょうごろう)の門弟であったといわれているが、師弟であるとの証拠はない。1766年(明和3)11月より市村座に出勤、当時の名人富士田吉次(ふじたきちじ)と並び称されたが68年8月に引退、1年9か月の芝居勤めであった。一般的には小音で劇場長唄向きではなかったとの説が有力であるが、67年に立(たて)三味線の錦屋総治(にしきやそうじ)、西川奥蔵(おくぞう)が隠退したことに関係があるのではないかという説もある。
 市村座を去ってから、新吉原でお座敷長唄を創始、これが流行になって荻江節の名を残した。右手に扇を持って縦に構え、左の足を立てて立膝になり、左手で左の耳のあたりを押さえて謡う癖があったという。[林喜代弘・守谷幸則]

2世・3世

2世は門弟の有田栄橘(えいきつ)(1744―95)が露友の名を譲られ、3世は2世の弟子喜仙(きせん)が継承したと伝えられるが、これらについては異説もあり、確証に価する資料は残存していない。いずれも世間的にはほとんど活動せず、荻江を名のっていた吉原の男芸者連とどういった関係があったのかも不明である。1780年(安永9)刊行の『落書当世見立三幅対(らくしょとうせいみたてさんぷくつい)』に「改名していけぬもの――今の露友」とあるのが2世を示していると思われる。3世は2世の門弟喜仙説のほかに吉原の妓楼(ぎろう)玉屋(定紋をとって火焔(かえん)玉屋とよばれた)主人の山三郎が継承したとの説があり、玉屋山三郎は長唄に京唄をつき交ぜた廓(くるわ)の流行唄をつくり、男女20名くらいの社中(同門の仲間)であったというが詳細は不明である。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1836―84)江戸・深川(ふかがわ)の分限者近江(おうみ)屋こと飯島喜左衛門が1876年(明治9)、一説には79年に名のったが、没後名跡は一時とだえた。4世は深川の材木商であったという説と、諸大名御用達(ごようたし)の米穀問屋であったという2説がある。豪商であったが明治維新後の大変革で倒産、両国米沢(りょうごくよねざわ)町で遊芸師匠となった。没年も84年と79年の2説あるが、飯島荻江の確立を考えると前出年が正しいと思われる。名取を取り立てるときに、4世が相応の手当(紋付(もんつき)の羽織を与えるなど)をしたため荻江節を学ぶものが増えたとあるが、事実は不明である。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1892―1993)本名前田すゑ。日本画家前田青邨(せいそん)夫人。1956年(昭和31)に5世を名のった。71年芸術院会員。姉の佐橋章(さばししょう)(荻江露章)の死去に際し、その遺志により5世を継承した。荻江節の古曲の保存、正統な伝承のために廃曲『現在道成寺(げんざいどうじょうじ)』などを復活、また新曲『月結露友垣(つきにむすぶつゆのともがき)』『笛を吹く人』『桃』『夕顔』『花』などを世に送り出した。[林喜代弘・守谷幸則]
『町田佳聲・仁村美津夫著『宗家五世荻江露友』(1968・邦楽と舞踊出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荻江露友の関連キーワード荻江 露友(4代目)錦屋惣次(初代)鈴木万里(初代)荻江露友(3代)鈴木萬里(1世)10月10日山彦 八重子道成寺物金谷丹前荻江ひさ深川八景丹前物短夜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android