菅沼(読み)すげぬま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅沼(すげぬま)
すげぬま

群馬県北東部、利根(とね)郡片品村(かたしなむら)の日光白根(にっこうしらね)火山北麓(ろく)にある高山湖。「すがぬま」ともいう。湖面の標高1731メートル。白根火山の溶岩による堰止(せきとめ)湖で、湖岸線は屈曲に富んでいる。面積0.63平方キロメートル。三つにくびれて別々の三湖のようにみえる。東から清水(しみず)沼、弁天(べんてん)沼、北岐(きたまた)沼といい、北岐沼が最大で、深度も63メートルでもっとも深い。年平均125日結氷し、夏も雪解け水で冷たく、濃藍(のうらん)色清澄で美しい。湖水は西に流れ出て八町(はっちょう)滝となり、約300メートル低い丸沼に入る。湖ではマスが養殖されている。1965年(昭和40)金精(こんせい)道路が日光湯元(ゆもと)から菅沼の南岸を経て鎌田(かまた)、沼田(ぬまた)に開通してからは観光客が激増した。湖岸にはキャンプ場もあり、夏はとくににぎわう。日光国立公園に属する。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菅沼の関連情報