萩岡松韻(1世)(読み)はぎおかしょういん[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩岡松韻(1世)
はぎおかしょういん[いっせい]

[生]文久4 (1864).2.10. 江戸
[没]1936.1.27. 東京
山田流箏曲家。本名萩原伊之助,のちに源意と改める。幼時に失明し,最初紀州藩(和歌山藩)との縁により伊勢松坂の生田流の大松検校に入門し,明治4(1871)年に勾当となるが,京都に萩原検校がいたので,萩岡を名のる。師匠の死去により山勢検校門下の馬場美勢に山田流箏曲を学ぶ。美勢が同地を去ったため 9歳から 2年間生田流の三津田千代につく。1874年東京で 3世山勢松韻の門に入る。1885年萩岡松柯(しょうか)の芸名を授けられた。師の没後 1910年松韻と改めた。弟弟子今井慶松の箏の技に対し,美声に恵まれ歌に優れていた。1911年,長らく助手を務めていた東京盲学校(のち筑波大学附属視覚特別支援学校)の教諭となり,1913年11月高等官(三等),1931年勅任待遇となる。『俊寛』『紀念の鷹の羽(かたみのたかのは)』『鞆の音』などの作品がある。東京盲学校に学んだ門下から久本玄智,斎藤松声,山川園松らが出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android