コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩岡松韻(1世) はぎおかしょういんいっせい

1件 の用語解説(萩岡松韻(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩岡松韻(1世)
はぎおかしょういんいっせい

[生]文久4 (1864).2.10. 江戸
[没]1936.1.27. 東京
山田流箏曲家。本名萩原伊之助,のちに源意と改める。幼時に失明し,最初紀州藩(和歌山藩)との縁により伊勢松坂の生田流の大松検校に入門し,明治4(1871)年に勾当となるが,京都に萩原検校がいたので,萩岡を名のる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩岡松韻(1世)の関連キーワード日野西光暉大野景山酒井伝次郎沢村幸吉渋谷伊予作鶴田陶司萩岡松韻(初代)間部詮実米田穣三ツ扇

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone