コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生[町] くずう

百科事典マイペディアの解説

葛生[町]【くずう】

栃木県南西部,渡良瀬(わたらせ)川の支流秋山川の流域を占める安蘇(あそ)郡の旧町。中心市街は東武佐野線の終点。石灰岩層(鍋山層)があり,石灰石ドロマイトが採掘される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くずう【葛生[町]】

栃木県南西部,安蘇郡の町。栃木市の西に接する。人口1万3574(1995)。足尾山地南東麓の山間を占め,渡良瀬川支流の秋山川が南東流する。中心集落の葛生は秋山川の谷口集落で,東武佐野線の終点である。埋蔵量15億tと推定される石灰岩層が広く分布し,江戸時代から石灰焼成業が行われ,渡良瀬川の舟運で江戸に運ばれた。1938年には富国セメント(現,住友大阪セメント)が設立され,43年から耐火炉材用のドロマイト煉瓦が製造された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

葛生[町]の関連キーワード葛生人

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android