コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛西氏 かさいうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛西氏
かさいうじ

下総国葛西荘を本拠とした平氏一族。清重のとき源頼朝に仕えて奥州総奉行となり,陸奥豪族として繁栄

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさいうじ【葛西氏】

平安末期に成立した武士団。桓武平氏村岡良文の孫武蔵権守将常の系譜につらなり,下総国葛飾郡の中世所領葛西郡・葛西御厨在地領主として成立。始祖は系図諸本により将常の子武常説,武常の曾孫清元説,清元の子清重説に分かれる。葛西清重のとき,源頼朝の鎌倉幕府創立に加わり,大武士団に発展。葛西郡(御厨・小鮎猿俣郷)地頭職とともに,下総国一宮香取社の造営差配役を千葉介と世襲的に交替で担当する下総国司的地位を確立し,武蔵国丸子荘ほか甲斐,美濃など諸国に所職を獲得した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛西氏
かさいうじ

鎌倉幕府御家人(ごけにん)、陸奥(むつ)の戦国大名。桓武平氏(かんむへいし)より出て、下総国(しもうさのくに)葛西御厨(みくりや)(東京都葛飾(かつしか)・江戸川区)を本拠とする。清重(きよしげ)のとき源頼朝(みなもとのよりとも)に仕えて奥州出兵に戦功をたて、奥州総奉行(そうぶぎょう)に任ぜられるとともに、胆沢(いさわ)・磐井(いわい)・牡鹿(おしか)郡(岩手県南部から宮城県北部)などに所領を与えられた。南北朝期には清貞(きよさだ)が北畠氏(きたばたけうじ)に属して各地を転戦、奥州の南朝勢力の中心であったが、のち足利氏(あしかがうじ)に属す。室町期から戦国期には登米郡(とめぐん)寺池城(宮城県登米市)に拠(よ)って、胆沢・江刺(えさし)・気仙(けせん)郡以南の北上川流域7郡を支配。やがて伊達氏(だてうじ)の勢力に押され、天文(てんぶん)年間(1532~1555)には伊達氏から入った晴胤(はるたね)が家督となる。その子晴信のとき、1590年(天正18)、小田原の陣に不参のため豊臣秀吉(とよとみひでよし)によって所領を没収され滅亡。[池上裕子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

葛西氏の関連キーワード葛飾(古地名)陸奥国留守職登米[町]石巻[市]江刺[市]桃生[町]岩手(県)石巻(市)宮城(県)本吉[町]岩谷堂城及川掃部畠山重忠金ヶ崎城木村吉清高清水城葛西晴信村上道浄白鳥館土沢城

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛西氏の関連情報