コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔦[温泉] つた

百科事典マイペディアの解説

蔦[温泉]【つた】

青森県上北郡十和田湖町(現・十和田市),八甲田山南東麓にわく温泉。単純泉。47℃。ブナの原生林に囲まれ,蔦沼など10余の沼が点在,大町桂月の墓がある。青森市,十和田湖からバスが通じる。
→関連項目十和田湖[町]十和田八幡平国立公園八甲田山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つた【蔦[温泉]】

青森県中央部,上北郡十和田湖町にある温泉。八甲田火山群の山懐にあり,周囲をブナの原生林につつまれた閑静な温泉地である。泉質はボウ硝泉,泉温52℃。この地を愛し,幾度となく訪れた大町桂月の墓がある。付近には蔦沼をはじめとする〈蔦の七沼〉があり,新緑や紅葉の季節には観光客でにぎわう。東北本線青森駅からバスの便があるが,冬季は運休する。【横山 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蔦[温泉]の関連情報