京学(読み)キョウガク

百科事典マイペディアの解説

京学【きょうがく】

藤原惺窩(せいか)を祖とする朱子学一派。惺窩は京都を中心に活動したので京学と呼ばれた。朱子学ではほかに南村梅軒(みなみむらばいけん)を祖とする南学(なんがく)がある。詩文尊重の風があり,門下に林羅山(らざん)・松永尺五(せきご)らがいて,幕府や諸藩から厚く保護された。この一派から新井白石(あらいはくせき)・室鳩巣(むろきゅうそう)らを輩出。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうがく【京学】

江戸初期、京都を中心に興った朱子学派の称。藤原惺窩せいかを祖とし、松永尺五せきご・木下順庵などが続く。けいがく。
地方から京都に出て学問をすること。京まなび。

けいがく【京学】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐がく キャウ‥【京学】

〘名〙
① 江戸時代、京都で発達した経学。藤原惺窩(ふじわらせいか)らの学派や堀川学派などをいう。
② 江戸時代、地方から京都に来て学問をすること。また、その学問。
浮世草子・世間妾形気(1767)一「幼少より京学(きゃうガク)にのぼせしが、今年廿五才にて本国なつかしく下りしを」

けい‐がく【京学】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android