京学(読み)きょうがく

百科事典マイペディア「京学」の解説

京学【きょうがく】

藤原惺窩(せいか)をとする朱子学一派。惺窩は京都を中心に活動したので京学と呼ばれた。朱子学ではほかに南村梅軒(みなみむらばいけん)を祖とする南学(なんがく)がある。詩文尊重の風があり,門下林羅山(らざん)・松永尺五(せきご)らがいて,幕府諸藩から厚く保護された。この一派から新井白石(あらいはくせき)・室鳩巣(むろきゅうそう)らを輩出

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「京学」の解説

きょう‐がく キャウ‥【京学】

江戸時代、京都で発達した経学。藤原惺窩(ふじわらせいか)らの学派堀川学派などをいう。
② 江戸時代、地方から京都に来て学問をすること。また、その学問。
※浮世草子・世間妾形気(1767)一「幼少より京学(きゃうガク)にのぼせしが、今年廿五才にて本国なつかしく下りしを」

けい‐がく【京学】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「京学」の解説

京学
きょうがく

江戸時代,京都を中心に発達した朱子学派の一派
藤原惺窩 (せいか) を祖とし,詩文尊重の風がある。林羅山・松永尺五 (せきご) ・木下順庵らを輩出。また順庵の門下から新井白石・室鳩巣 (むろきゆうそう) ・雨森芳洲らが出て,海南学派とともに朱子学の主流をなした。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「京学」の解説

きょう‐がく〔キヤウ‐〕【京学】

江戸時代、京都に発達した儒学藤原惺窩ふじわらせいからの学派や堀川学派など。
江戸時代、地方から京都に出て学問をすること。

けい‐がく【京学】

きょうがく(京学)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android