コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京学 キョウガク

百科事典マイペディアの解説

京学【きょうがく】

藤原惺窩(せいか)を祖とする朱子学一派。惺窩は京都を中心に活動したので京学と呼ばれた。朱子学ではほかに南村梅軒(みなみむらばいけん)を祖とする南学(なんがく)がある。詩文尊重の風があり,門下に林羅山(らざん)・松永尺五(せきご)らがいて,幕府や諸藩から厚く保護された。この一派から新井白石(あらいはくせき)・室鳩巣(むろきゅうそう)らを輩出。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうがく【京学】

江戸初期、京都を中心に興った朱子学派の称。藤原惺窩せいかを祖とし、松永尺五せきご・木下順庵などが続く。けいがく。
地方から京都に出て学問をすること。京まなび。

けいがく【京学】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android