コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島[町] ふじしま

百科事典マイペディアの解説

藤島[町]【ふじしま】

山形県北西部,庄内平野中部の東田川(ひがしたがわ)郡の旧町。水田が広く,典型的な水田単作地帯で,農機具も製造する。中心は羽越(うえつ)本線に沿う藤島。2005年10月西田川郡温海町,東田川郡櫛引町,羽黒町,朝日村と鶴岡市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじしま【藤島[町]】

山形県北西部,東田川郡の町。人口1万2414(1995)。庄内平野の東部に位置し,南東部が出羽山地で占められるほかは,赤川,京田川,藤島川が流れる平たんな地が広がり,水田地帯をなす。奈良時代の出羽国府跡とみられる平形遺跡がある。中世には豪族土佐林氏の藤島城があった。羽越本線が通じ,鶴岡市への通勤・通学者が多い。米作のほか畜産,庄内柿の栽培が行われ,農機具製造の工場もある。南東部の山地には筍沢(たけのこざわ)温泉(単純硫化水素泉,12℃)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報