コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤崎八旛宮 フジサキハチマングウ

2件 の用語解説(藤崎八旛宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじさき‐はちまんぐう〔ふぢさき‐〕【藤崎八旛宮】

熊本市井川淵町にある神社。祭神は応神天皇を主神とし、神功(じんぐう)皇后住吉大神を配祀。承平5年(935)石清水八幡宮を勧請(かんじょう)して創建と伝える。藤崎宮。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤崎八旛宮
ふじさきはちまんぐう

熊本市中央区井川淵(いがわぶち)町に鎮座。旧国幣小社。祭神は応神(おうじん)天皇、神功(じんぐう)皇后、住吉大神を配祀(はいし)。平将門(まさかど)・藤原純友(すみとも)反乱の鎮定祈願のため、935年(承平5)熊本城内にあった旧社地に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の分霊を迎えて創建されたと伝える。九州八幡五所別宮の一つ。国府の所在地であったため、国府八幡として国司の崇敬を受け、以後、菊池、細川ら大名の厚い尊信を受けた。1877年(明治10)西南の役の兵火にあい焼失、現社地に再建した。例祭9月15日。社宝に国重要文化財の正和(しょうわ)元年(1312)作の僧形八幡神・女神像がある。[岡田荘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤崎八旛宮の関連キーワード浅間神社宇治上神社大崎八幡神社香椎宮住吉神社松陰神社名和神社甲宗八幡神社黄金山神社谷地八幡宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤崎八旛宮の関連情報