藤間 勘右衛門(2代目)(読み)フジマ カンエモン

20世紀日本人名事典の解説

藤間 勘右衛門(2代目)
フジマ カンエモン

江戸時代末期・明治期の日本舞踊家,劇場振付師 藤間流勘右衛門派2代目家元。



生年
天保11年2月12日(1840年)

没年
大正14(1925)年1月23日

出生地
江戸・湯島天神町

別名
初名=藤間 金太郎,前名=西川 扇蔵(6代目),後名=藤間 勘翁

経歴
父は初代勘右衛門。7代目市川団十郎に入門し、藤間金太郎を名乗る。父の死後亀三勘十郎に師事し振付師となる。安政5年2代目藤間勘右衛門を襲名、中村座付けとなる。慶応3年一時西川扇蔵の養子となり6代目西川扇蔵を名乗るが、明治4年旧名に戻る。20年9代目市川団十郎に重用され歌舞伎座の振付師となる。以来、明治・大正にわたって藤間流の全盛期をもたらし、大藤間・浜町藤間とも呼ばれた。大正6年養子・7代松本幸四郎に3代勘右衛門を継がせ、藤間勘翁と改名。代表作は「素襖落」「二人袴」「お夏狂乱」「お七吉三」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

藤間 勘右衛門(2代目)
フジマ カンエモン


職業
日本舞踊家 劇場振付師

肩書
藤間流勘右衛門派2代目家元

別名
初名=藤間 金太郎,前名=西川 扇蔵(6代目),後名=藤間 勘翁

生年月日
天保11年 2月12日

出生地
江戸・湯島天神町(東京都)

経歴
父は初代勘右衛門。7代目市川団十郎に入門し、藤間金太郎を名乗る。父の死後亀三勘十郎に師事し振付師となる。安政5年2代目藤間勘右衛門を襲名、中村座付けとなる。慶応3年一時西川扇蔵の養子となり6代目西川扇蔵を名乗るが、明治4年旧名に戻る。20年9代目市川団十郎に重用され歌舞伎座の振付師となる。以来、明治・大正にわたって藤間流の全盛期をもたらし、大藤間・浜町藤間とも呼ばれた。大正6年養子・7代松本幸四郎に3代勘右衛門を継がせ、藤間勘翁と改名。代表作は「素襖落」「二人袴」「お夏狂乱」「お七吉三」など。

没年月日
大正14年 1月23日 (1925年)

家族
父=藤間 勘右衛門(初代),養子=松本 幸四郎(7代目 3代目勘右衛門)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤間 勘右衛門(2代目) (ふじま かんえもん)

生年月日:1840年2月12日
江戸時代;明治時代の振付師;日本舞踊家
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android