コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘭台/鸞台 ランダイ

デジタル大辞泉の解説

らん‐だい【×蘭台/×鸞台】

太政官(だいじょうかん)唐名
弁官異称
中国、代の宮中で、書物を蔵した所。転じて、代、秘書省の異称。また、御史台の異称。
史官。後漢班固3の官として詔を受け「光武本紀」を書いたところからいう。
中国、戦国時代王の離宮の名。転じて、美しい宮殿・楼台

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭台 らんだい

1746-1793 江戸時代中期の俳人。
延享3年生まれ。越中(富山県)井波の瑞泉寺住職。三浦樗良(ちょら)と親交があり,「しぐれ笛」などに句がのる。与謝蕪村(よさ-ぶそん)とも交際があった。寛政5年8月7日死去。48歳。越後(えちご)(新潟県)出身。法名は従祐。別号に託静軒,郁々堂,杉谷主人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の蘭台/鸞台の言及

【ラン(蘭)】より

…また《春秋左氏伝》では鄭の文公の妾燕姑が,天人から蘭を与えられ,生まれる子はその香りのように人々から慕われると夢みた記事があり,すべて,国香,王者の香りのイメージを定着させるに役立った。春秋時代の楚の宮殿や,漢の宮中図書館,さらには御火台を蘭台と呼び,皇后宮を蘭殿というのも最上の香気の意味を含ませる。時代は下るが,王羲之の蘭亭も単にそこに蘭花が多かった以上の印象を与えるし,寺院āraṇyaに蘭若(らんにや)の字を当てるのも,蘭と杜若(カキツバタ)のもつイメージと無関係ではない。…

※「蘭台/鸞台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘭台/鸞台の関連キーワード中村 蘭台(2代目)中村 蘭台(1代目)浜村蔵六(5代)中村蘭台(2代)中村蘭台(初代)神戸電鉄粟生線10月11日河井 荃廬高森 砕巌大村純庸高橋文中神戸電鉄柳沢信鴻水間沾徳高橋道斎水谷頴介1月1日湯浅常山渋井太室市河寛斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android