蜘蛛手(読み)くもで

精選版 日本国語大辞典「蜘蛛手」の解説

くも‐で【蜘蛛手】

〘名〙
[一] (蜘蛛が足を八方に広げた形から) 物が四方八方に分岐したさまをいう。
① 川や道などが四方八方に枝分かれしていること。また、その分岐点。
※伊勢物語(10C前)九「そこを八橋といひけるは、水ゆく河のくもでなれば、橋を八つわたせるによりてなむ」
② 放射状をした物。
(イ) 木や竹などを打ち違えに組んだ様子。また、その格子、柵の類。
※平家(13C前)二「ある障子のうへに、蜘手結うたる所あり」
(ロ) 橋の梁(はり)、桁(けた)を支えるために、橋脚から斜めに渡した筋交いの支柱。
※詞花(1151頃)雑上・二七四「並み立てる松のしづ枝をくもでにてかすみ渡れる天の橋立〈源俊頼〉」
(ハ) 扇の要(かなめ)と地紙との間の骨が放射状に見える部分。
※幸若・なすの与市(室町末‐近世初)「扇をたててはかなめを射るとは申せども、かなめの辺はめづらしからず、くもでの辺をあそばせ」
(ニ) 鷹や隼(はやぶさ)の部分の名称。あしからあしゆびが分かれている付け根の内側をいう。
※養鷹秘抄(15C前か)「くもて」
(ホ) 照明に用いた灯台、行灯(あんどん)の油皿を支える台。また、手水鉢や水桶などを載せる台。
※随筆・貞丈雑記(1784頃)八「切燈台、白木にて上はくも手にして」
③ 四方八方に駆け回ること。また、刀や棒などを打ち違えに振り回す動作。→蜘蛛手十文字
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)一「我命の続かんだけかたはし撫切(なでぎり)拝打(をがみうち)、くもで、輪違、十文字」
[二] (「に」を伴って副詞的に用いる)
① 四方八方に。八重十文字に。
※小大君集(1005頃)「花すすきくもでに人に結ばれていつかとくると待つぞはかなき」
② あれこれとさまざまに思案をめぐらすさま。
※大和(947‐957頃)二条家本附載「もし男などに具してきたるにやなど、くもでに思ひ乱るるほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蜘蛛手」の解説

くも‐で【蜘蛛手】

クモの足のように、1か所から四方八方に分かれていること。また、そういうもの。
「万国旗や提灯の―に張りわたされた下に」〈万太郎大寺学校
(「に」を伴って副詞的に)あれこれと心の乱れるさま。
「―に思い屈する時」〈露伴・風流仏〉
材木などを四方八方に打ち違えて組んだもの。
「ある障子の上に、―結うたる所あり」〈平家・二〉
四方八方に駆け巡ること。また、刀剣などを、四方八方に振り回すこと。
「竪様、横様、―、十文字に駆け破(わ)り駆け回り戦ひけるが」〈平家・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android