コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛手 クモデ

2件 の用語解説(蜘蛛手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くも‐で【蜘蛛手】

クモの足のように、1か所から四方八方に分かれていること。また、そういうもの。
「万国旗や提灯の―に張りわたされた下に」〈万太郎大寺学校
(「に」を伴って副詞的に)あれこれと心の乱れるさま。
「―に思い屈する時」〈露伴・風流仏〉
材木などを四方八方に打ち違えて組んだもの。
「ある障子の上に、―結うたる所あり」〈平家・二〉
四方八方に駆け巡ること。また、刀剣などを、四方八方に振り回すこと。
「竪様、横様、―、十文字に駆け破(わ)り駆け回り戦ひけるが」〈平家・八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くもで【蜘蛛手】

蜘蛛の足のように四方八方に出ていること。放射状に広がり、または組み合わされている状態。 「水行く河の-なれば/伊勢 9
橋の梁はり・桁けたを支えるため、橋脚から筋交いに渡した材木。 「五月雨に水まさるらしうち橋や-にかかる波の白糸/山家
細い材を打ち違えに組んだ、灯明皿や手水鉢ちようずばちなどをのせる台。
刀・棒などを四方八方に振り回す動作。 「 -、かくなわ、十文字、とんばう返り、水車、八方すかさず切つたりけり/平家 4
あれこれと思い乱れること。 「うち渡し長き心は八橋の-に思ふことは絶えせじ/後撰 恋一

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蜘蛛手の関連キーワード蜘蛛の子を散らす四角八方四方正面四方八方蛸足八面八方八方睨み掘り回らす四方山

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone