コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行橋[市] ゆくはし

百科事典マイペディアの解説

行橋[市]【ゆくはし】

福岡県北東部の市。1954年市制。小波瀬(おばせ)川,長狭(ながさ)川などの沖積平野を占め,周防(すおう)灘に臨む。陸繋(りくけい)島の蓑(みの)島を含む。中心市街は旧宿場町の行事(ぎょうじ)と市場町の大橋で,日豊本線開通後,京都(みやこ)郡の中心地として発達。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆくはし【行橋[市]】

福岡県北東部,周防灘に臨む市。1954年市制。人口6万7833(1995)。市域は長峡(ながお)川,今川祓川などの小河川が北東流して埋積した盆地状の沖積平野が大部分を占める。東部の沿岸に干拓地と陸繫した蓑島があり,南部に洪積台地新田原(しんでんばる)が広がり,西端にはカルスト高原の平尾台がある。旧行橋町は江戸時代に宿場町,市場町として栄えた行事(ぎようじ)と大橋が1889年に合併して成立した町で,京都(みやこ)郡地方の政治・経済の中心として発展してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

行橋[市]の関連キーワード陸繋島神籠石

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android