コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高妻山 たかづまやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高妻山
たかづまやま

長野県新潟県の境にある山。標高 2353m。山体新第三紀層からなり,山頂部にのみ角閃安山岩が見られる。ブナダケカンバ原生林に覆われ,北方の乙妻山とともに戸隠裏山とも呼ばれる。登頂戸隠山や五地蔵山からの縦走による。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかつま‐やま【高妻山】

新潟県妙高市と長野県長野市の境にある山。戸隠(とがくし)連峰最高峰で、標高2353メートル。連峰中心の戸隠山北部にあり、五地蔵山(標高1998メートル)・乙妻(おとつま)山(標高2318メートル)とともに戸隠裏山と呼ばれる。戸隠富士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高妻山【たかつまやま】

新潟県,長野県の境にある山。標高2353m。戸隠連峰の最高峰。きれいな三角錐の山容から,戸隠富士とも呼ばれる。戸隠牧場から登山路がある。日本百名山に選ばれている。
→関連項目戸隠山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかつまやま【高妻山】

長野県北部,上水内(かみみのち)郡に位置する山。〈たかづまやま〉ともいう。標高2353m。五地蔵山(1998m),乙妻山(2318m)とともに戸隠(とがくし)裏山とよばれ,広義には戸隠連峰に入る。山体は,第三紀の砂岩,レキ岩層中に貫入した安山岩類からなる残丘である。登山路は,戸隠山北東の五地蔵山を経て高妻山に至る尾根づたいの縦走路だけである。稜線上には懸崖奇峰が並び立ち,一帯はブナの原生林やダケカンバ,コメツガなどの高山植物に富む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(新潟県)〕高妻山(たかつまやま)


高妻山(たかづまやま)

〔長野県(新潟県)〕高妻山(たかづまやま)


長野・新潟県境に位置する山。戸隠(とがくし)山裏山の主峰。標高2353m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。三角形の山容が特徴的で、山頂部は岩塊状をなし、戸隠修験(しゅげん)道場の奥の院的な存在だった。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に含まれる。「たかつまやま」とも読む。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高妻山
たかつまやま

長野・新潟県境にある戸隠(とがくし)連峰の一つ。標高2353メートル。中心の戸隠山の北部にあり、五地蔵(ごじぞう)山、乙妻(おとつま)山とともに戸隠裏山とよばれる。砂岩や礫(れき)岩など第三紀層を貫いて噴出したトロイデ状火山で、頂上は安山岩の岩峰をなす。頂上付近にはナナカマド、ツツジ、ミヤマハンノキなどの群落がある。山頂へは健脚向きの戸隠山から約5時間の行程。鎖場もあり健脚向き。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高妻山の関連キーワード百名山(日本百名山)新潟県妙高市深田久弥裾花川百名山