コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ノ海嘉治郎 ニシノウミカジロウ

デジタル大辞泉の解説

にしのうみ‐かじろう〔‐カヂラウ〕【西ノ海嘉治郎】

力士。
(初代)[1855~1908]第16代横綱薩摩(さつま)の人。本名、小園嘉次郎。明治中期に活躍。番付に「横綱」と明記されたのは、西ノ海が最初。引退後、年寄井筒。→第15代横綱梅ヶ谷 →第17代横綱小錦
(2代)[1880~1931]第25代横綱。鹿児島県出身。本名、近藤休八。旧姓、牧瀬。優勝1回。引退後、年寄井筒。→第24代横綱鳳(おおとり) →第26代横綱大錦
(3代)[1890~1933]第30代横綱。鹿児島県出身。本名、松山伊勢助。優勝1回。引退後、年寄浅香山。→第29代横綱宮城山 →第31代横綱常ノ花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

西ノ海嘉治郎の関連キーワード西ノ海 嘉治郎(2代目)西ノ海 嘉治郎(3代目)西ノ海嘉治郎(初代)高砂浦五郎(初代)11月2日1月3日2月6日

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android