コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ノ海嘉治郎 ニシノウミカジロウ

デジタル大辞泉の解説

にしのうみ‐かじろう〔‐カヂラウ〕【西ノ海嘉治郎】

力士。
(初代)[1855~1908]第16代横綱薩摩(さつま)の人。本名、小園嘉次郎。明治中期に活躍。番付に「横綱」と明記されたのは、西ノ海が最初。引退後、年寄井筒。→第15代横綱梅ヶ谷 →第17代横綱小錦
(2代)[1880~1931]第25代横綱。鹿児島県出身。本名、近藤休八。旧姓、牧瀬。優勝1回。引退後、年寄井筒。→第24代横綱鳳(おおとり) →第26代横綱大錦
(3代)[1890~1933]第30代横綱。鹿児島県出身。本名、松山伊勢助。優勝1回。引退後、年寄浅香山。→第29代横綱宮城山 →第31代横綱常ノ花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

西ノ海嘉治郎の関連キーワード西ノ海 嘉治郎(2代目)西ノ海 嘉治郎(3代目)西ノ海嘉治郎(初代)高砂浦五郎(初代)11月2日2月6日1月3日

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android