コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西フランク王国 にしフランクおうこくWestfrankenreich; Francia Occidentalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西フランク王国
にしフランクおうこく
Westfrankenreich; Francia Occidentalis

フランク王国がベルダン条約 (843) により3分された結果,カルル1世 (大帝) の末孫カルル2世 (禿頭王) が継承した王国 (843~987) 。 870年メルセン条約により領土を拡大。フランク王国の西部で,現在のフランスの基である。王権が弱く,小国に分裂し,ノルマンの侵入に苦しんだ。ノルウェーノルマン人族長ロロがセーヌ河口を荒し,855年パリを包囲したため,西フランク王カルル3世 (肥満王) は彼を 911年ノルマンディー公に封じた。 987年カロリング家の王朝が絶え,カペー朝となり,西フランク王国は形式上消滅し,フランス王国となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にしフランク‐おうこく〔‐ワウコク〕【西フランク王国】

843年のベルダン条約、870年のメルセン条約を経て3分割されたフランク王国の西方の部分。カール2世が継承したが、王権が弱く、ノルマン人の侵入、封建貴族の台頭に苦しみ、987年カロリング朝は断絶。次いで、パリ伯ユーグ=カペーカペー朝を開き、フランス封建国家が発足した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

西フランク王国【にしフランクおうこく】

843年のベルダン条約,870年のメルセン条約でフランク王国が3分してできた王国。フランスの前身。カロリング朝カールシャルル)2世が最初の王。10世紀に国内の諸侯が自立し,ノルマン人の侵入が加わって王権は衰え,987年王家断絶してカペー朝に代わられた。
→関連項目フランス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

にしフランクおうこく【西フランク王国】

フランク王国が九世紀に三分割されてできた王国。これを支配したカロリング朝が断絶したあと、987年にパリ伯ユーグ=カペーがカペー朝を開いた。フランスの前身。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西フランク王国
にしふらんくおうこく

フランス王国の旧称。ベルダン条約(843)によってカロリング朝フランク王国の統一は破れ、領土は3分割されたが、カール2世(禿頭(とくとう)王、在位843~877)の西フランク王国は、さらにメルセン条約(870)によってライン川左岸の地をあわせた。その後、東フランク王カール3世(肥満王、在位876~887)は三王国を再統合し、西フランクも一時その支配下に置かれた(884~887)。しかしその失脚後、ノルマン人に対する防衛戦争の英雄ロベール・ル・フォールの子パリ伯ユードEudes, Comte de Paris(在位888~898)が諸侯に推挙されて王位についた。これに対抗して、カロリング家からはシャルル3世(愚鈍王、在位893~923)が即位し、以来、987年ルイ5世(在位986~987)の死によってカロリング朝が断絶し、ロベール家のユーグ・カペー(在位987~996)がカペー朝を興すまで、両家の紛争が続く。この過程で、西フランク王国における政治権力の分解は急速に進んだ。[井上泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西フランク王国の関連キーワード東フランク王国ロタール[1世]ベルダン条約ロタール[1世]成年後見人賈島吐蕃西フランク王国ベルダン条約朝野鹿取

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone