コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山夘三 にしやまうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西山夘三
にしやまうぞう

[生]1911.3.1. 大阪
[没]1994.4.2. 京都
建築学者,建築家。 1933年京都大学建築学科卒業。石本喜久治事務所,住宅営団研究部を経て,京都大学講師,営繕課長。第2次世界大戦後同大助教授 (1946) を経て教授 (61~74) 。学生時代に DEZAMというグループを組織して以降,青年建築家連盟,新日本建築家集団 NAUなど,一貫して建築運動にかかわる。食寝分離論に代表される住宅計画理論を確立し,日本における住宅研究の権威となった。『国民住居論攷』 (43) ,『これからのすまい』 (47) をはじめとする住居論のほか,地域空間論,建築論,建築家論に関する著作も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

西山夘三【にしやまうぞう】

建築学者。大阪生れ。1933年京大工学部卒。住宅問題都市計画などを専攻,京大教授を務めるかたわら特に住宅設計に力を注いだ。ダイニングキッチン誕生のもととなった《食寝分離論》など,従来の直観的・芸術的デザインを排し,科学的な調査研究に基づく住宅設計を提唱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西山夘三 にしやま-うぞう

1911-1994 昭和-平成時代の建築学者。
明治44年3月1日生まれ。住宅営団研究員などをへて,昭和36年京大教授となる。戦前から庶民住宅を研究。戦後普及した2DKなど食寝分離の住宅様式の生みの親。都市政策や古都の景観保存運動にも積極的にかかわる。62年建築学会大賞。平成6年4月2日死去。83歳。大阪出身。京都帝大卒。著作に「これからのすまい」「住み方の記」など。
【格言など】人間らしい生活空間づくりが大事でっせ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしやまうぞう【西山夘三】

1911~1994) 建築学者。大阪市生まれ。京大教授。建築計画学の確立に努め、小住宅の食寝分離論を提唱。都市計画・地域計画も手がけた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西山夘三
にしやまうぞう
(1911―1994)

建築学者。大阪に生まれる。1933年(昭和8)京都帝国大学建築学科卒業。石本喜久治設計事務所に勤めるが、大学院に戻り住宅問題を研究。住宅営団研究員を経て、46年(昭和21)京大助教授、61年教授。74年名誉教授となる。建築計画学の確立に寄与し、住宅計画における「食寝分離論」を提唱。また、都市計画、地域計画も手がけ、「京都計画」や「奈良計画」などを発表。日本学術会議会員。『日本のすまい』『住み方の記』など多数の著書がある。[天田起雄]
『『日本のすまい』全三巻(1975~80・勁草書房) ▽『住み方の記』増補新版(1978・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西山夘三の関連キーワード西山夘二郎西山 夘三文化勲章3月1日早川和男間取り大阪市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android