コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山夘三 にしやまうぞう

5件 の用語解説(西山夘三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西山夘三
にしやまうぞう

[生]1911.3.1. 大阪
[没]1994.4.2. 京都
建築学者,建築家。 1933年京都大学建築学科卒業。石本喜久治事務所,住宅営団研究部を経て,京都大学講師,営繕課長。第2次世界大戦後同大助教授 (1946) を経て教授 (61~74) 。学生時代に DEZAMというグループを組織して以降,青年建築家連盟,新日本建築家集団 NAUなど,一貫して建築運動にかかわる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西山夘三【にしやまうぞう】

建築学者。大阪生れ。1933年京大工学部卒。住宅問題都市計画などを専攻,京大教授を務めるかたわら特に住宅設計に力を注いだ。ダイニングキッチン誕生のもととなった《食寝分離論》など,従来の直観的・芸術的デザインを排し,科学的な調査研究に基づく住宅設計を提唱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西山夘三 にしやま-うぞう

1911-1994 昭和-平成時代の建築学者。
明治44年3月1日生まれ。住宅営団研究員などをへて,昭和36年京大教授となる。戦前から庶民住宅を研究。戦後普及した2DKなど食寝分離の住宅様式の生みの親。都市政策や古都の景観保存運動にも積極的にかかわる。62年建築学会大賞。平成6年4月2日死去。83歳。大阪出身。京都帝大卒。著作に「これからのすまい」「住み方の記」など。
【格言など】人間らしい生活空間づくりが大事でっせ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にしやまうぞう【西山夘三】

1911~1994) 建築学者。大阪市生まれ。京大教授。建築計画学の確立に努め、小住宅の食寝分離論を提唱。都市計画・地域計画も手がけた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西山夘三
にしやまうぞう
(1911―1994)

建築学者。大阪に生まれる。1933年(昭和8)京都帝国大学建築学科卒業。石本喜久治設計事務所に勤めるが、大学院に戻り住宅問題を研究。住宅営団研究員を経て、46年(昭和21)京大助教授、61年教授。74年名誉教授となる。建築計画学の確立に寄与し、住宅計画における「食寝分離論」を提唱。また、都市計画、地域計画も手がけ、「京都計画」や「奈良計画」などを発表。日本学術会議会員。『日本のすまい』『住み方の記』など多数の著書がある。[天田起雄]
『『日本のすまい』全三巻(1975~80・勁草書房) ▽『住み方の記』増補新版(1978・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西山夘三の関連キーワード池原義郎浜口隆一毛綱毅曠石井和紘稲垣栄三木下茂徳東畑謙三宮脇檀山本理顕川上貢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西山夘三の関連情報