西志賀貝塚(読み)にししがかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西志賀貝塚
にししがかいづか

名古屋市西区貝田町にある弥生時代前期の中部地方の代表的遺跡。胴上半に数段の刻目突帯をもつ壺形土器など,前期後半の土器を出す貝層と,中~後期にわたる包含層から成る。多量の土器のほか,骨角器が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

西志賀貝塚【にししがかいづか】

名古屋市西区貝田町にある弥生(やよい)時代の遺跡。伊勢湾沿岸の三角州上に位置する低湿地遺跡で,弥生文化前・中・後期の文化層が認められる。前期の遠賀(おんが)川式土器を出土する東限の遺跡としても知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にししがかいづか【西志賀貝塚】

弥生時代前期から後期にわたる集落遺跡。名古屋市西区貝田町から北区西志賀町にかけて1000m2に貝塚,住居跡,遺物包含層がひろがる。1930年吉田富夫が発見。東京大学明治大学名古屋大学等による発掘調査が行われ,前期・中期・後期の貝層が層位序列に堆積していることが確認された。前期の貝塚が特に有名で,いわゆる遠賀川式土器を主とし,これが縄文晩期系統の条痕土器や,特殊な有文土器を伴って検出され,この共存から,西方より進出した遠賀川系文化と,愛知県在来の縄文文化との接触を研究することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android