西施の顰に倣う(読み)せいしのひそみにならう

精選版 日本国語大辞典の解説

せいし【西施】 の 顰(ひそみ)に倣(なら)

(美人の西施が胸を病みしばしば顔をしかめたのを、それを見た醜女が、自分も顔をしかめれば美しく見えるかと思い、まねをしたという「荘子‐天運」の故事から) むやみに人のまねをして、世間の物笑いになることのたとえ。また、人にならって事をする場合に謙遜していう語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android