コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑雅 カンガ

デジタル大辞泉の解説

かん‐が【閑雅】

[名・形動]
しとやかで優雅なこと。また、そのさま。
「何故ああ―な動揺のない顔つきをしていられるのだろう」〈野上真知子
景色などがもの静かで趣深いさま。「閑雅庭園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんが【閑雅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いていてみやびな・こと(さま)。上品。 「 -な舞」
静かで趣がある・こと(さま)。 「 -な景色」 「瀟洒な家に住つて-な生活をしてゐる/平凡 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑雅の関連キーワードジェームズ(Henry James)セネカ(小セネカ)俳句(文学)市川団十郎遊動・游動海人の刈藻霊雲院庭園大雅堂定亮大暦十才子徳川家継石上宅嗣金春禅竹宝田寿来書の鑑賞尾形乾山西行桜詩仙堂三体詩馮延巳郭忠恕