コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑雅 カンガ

デジタル大辞泉の解説

かん‐が【閑雅】

[名・形動]
しとやかで優雅なこと。また、そのさま。
「何故ああ―な動揺のない顔つきをしていられるのだろう」〈野上真知子
景色などがもの静かで趣深いさま。「閑雅庭園

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんが【閑雅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
落ち着いていてみやびな・こと(さま)。上品。 「 -な舞」
静かで趣がある・こと(さま)。 「 -な景色」 「瀟洒な家に住つて-な生活をしてゐる/平凡 四迷

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

閑雅の関連キーワードジェームズ(Henry James)セネカ(小セネカ)俳句(文学)大暦十才子遊動・游動市川団十郎海人の刈藻霊雲院庭園大雅堂定亮徳川家継金春禅竹石上宅嗣宝田寿来書の鑑賞尾形乾山詩仙堂西行桜三体詩馮延巳郭忠恕

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑雅の関連情報