顰み(読み)シカミ

デジタル大辞泉の解説

しかみ【×顰み】

《動詞「しか(顰)む」の連用形から》
しかめっ面(つら)をすること。
能面の一。まゆを寄せ、きばをむき出した恐ろしい形相の鬼神面。「紅葉狩(もみじがり)」「羅生門」「土蜘蛛(つちぐも)」などの後ジテに用いる。
模様や細工物などで、鬼や獅子(しし)などの顔をしかめた形のもの。
日本建築で、木鼻(きばな)や猿頭(さるがしら)などのえぐれた部分。

ひそみ【×顰み/×嚬み】

眉間(みけん)にしわを寄せ顔をしかめること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android