コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西日本火山帯 にしにほんかざんたいwest Japan volcanic belt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西日本火山帯
にしにほんかざんたい
west Japan volcanic belt

白山火山帯 (大山火山帯) と霧島火山帯をまとめて,東日本火山帯に対して西日本火山帯と称する。東日本火山帯に属する火山に比べ,火山噴出物はアルカリに富み,高アルミナ玄武岩を伴った輝石安山岩を主とする。基盤のグリーン・タフが比較的薄い。プレートテクトニクス説では,フィリピン海海底地殻の南海トラフおよび琉球海溝からのもぐり込みに関係しているとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西日本火山帯
にしにほんかざんたい

山陰地方から九州を経て南西諸島に至る第四紀(過去約260万年間)火山帯。従来の白山(はくさん)火山帯の一部(狭義の大山(だいせん)火山帯)と霧島火山帯を包括する。日本の第四紀火山は、これと東日本火山帯に二大別される。両者とも、太平洋側(海溝側)ほど火山が密に分布し、天気図の前線になぞらえて、「火山フロント(前線)」とよばれる。火山フロントから、大陸側に向かって火山の数も噴出量も減少し、化学組成が変化する。
 西日本火山帯のフロント沿いの火山噴出物はおもに輝石を含む安山岩で、角閃(かくせん)石を含む安山岩やアルミナAl2O3に富む玄武岩を伴い、東日本火山帯よりも概してアルカリ、とくにカリウムに富み、大陸寄りでは典型的なアルカリ玄武岩からなる火山が散在する。この火山フロントの下の深発地震面の深さは100~200キロメートルであり、フィリピン海プレートの沈み込みがマグマの発生に関与している。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の西日本火山帯の言及

【火山帯】より

… 日本列島は環太平洋火山帯の一部で,日本火山帯と呼ばれるが,列島上のどこにも第四紀火山があるのではなく,北海道を東西に横断し,東北地方の西寄りを走り,中部地方の北部から伊豆諸島,硫黄(火山)列島を経てマリアナ諸島へ南下する地帯と,山陰地方から九州を経て南西諸島に至る地帯に分布する。前者は東日本火山帯(または東北日本火山帯),後者は西日本火山帯(または西南日本火山帯)と呼ばれている。この両火山帯では,太平洋側の縁寄りほど火山が密に存在し,大陸側(日本海側)ほど乏しい。…

※「西日本火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西日本火山帯の関連キーワード硫黄島(いおうじま、鹿児島県)桜島(鹿児島湾)西南日本火山帯中部地方九州地方霧島山雲仙岳阿蘇山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android