コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西日本火山帯 にしにほんかざんたい west Japan volcanic belt

3件 の用語解説(西日本火山帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西日本火山帯
にしにほんかざんたい
west Japan volcanic belt

白山火山帯 (大山火山帯) と霧島火山帯をまとめて,東日本火山帯に対して西日本火山帯と称する。東日本火山帯に属する火山に比べ,火山噴出物アルカリに富み,高アルミナ玄武岩を伴った輝石安山岩を主とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしにほん‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【西日本火山帯】

山陰地方から九州を経て南西諸島に至る火山帯。従来の大山(だいせん)火山帯霧島火山帯を包括する。南海トラフ南西諸島海溝とほぼ平行で、岩石分布の特徴が東日本火山帯と異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西日本火山帯
にしにほんかざんたい

山陰地方から九州を経て南西諸島に至る第四紀(過去約260万年間)火山帯。従来の白山(はくさん)火山帯の一部(狭義の大山(だいせん)火山帯)と霧島火山帯を包括する。日本の第四紀火山は、これと東日本火山帯に二大別される。両者とも、太平洋側(海溝側)ほど火山が密に分布し、天気図の前線になぞらえて、「火山フロント(前線)」とよばれる。火山フロントから、大陸側に向かって火山の数も噴出量も減少し、化学組成が変化する。
 西日本火山帯のフロント沿いの火山噴出物はおもに輝石を含む安山岩で、角閃(かくせん)石を含む安山岩やアルミナAl2O3に富む玄武岩を伴い、東日本火山帯よりも概してアルカリ、とくにカリウムに富み、大陸寄りでは典型的なアルカリ玄武岩からなる火山が散在する。この火山フロントの下の深発地震面の深さは100~200キロメートルであり、フィリピン海プレートの沈み込みがマグマの発生に関与している。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西日本火山帯の言及

【火山帯】より

… 日本列島は環太平洋火山帯の一部で,日本火山帯と呼ばれるが,列島上のどこにも第四紀火山があるのではなく,北海道を東西に横断し,東北地方の西寄りを走り,中部地方の北部から伊豆諸島,硫黄(火山)列島を経てマリアナ諸島へ南下する地帯と,山陰地方から九州を経て南西諸島に至る地帯に分布する。前者は東日本火山帯(または東北日本火山帯),後者は西日本火山帯(または西南日本火山帯)と呼ばれている。この両火山帯では,太平洋側の縁寄りほど火山が密に存在し,大陸側(日本海側)ほど乏しい。…

※「西日本火山帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西日本火山帯の関連キーワード霧島火山帯千島火山帯鳥海火山帯那須火山帯乗鞍火山帯白山火山帯東日本火山帯富士火山帯琉球火山帯大山火山帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西日本火山帯の関連情報