コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見附[市] みつけ

百科事典マイペディアの解説

見附[市]【みつけ】

新潟県中部,越後平野南東部の市。1954年市制。中心市街は信濃川の支流刈谷田川渓口集落で,文政年間見附結城紬(ゆうきつむぎ)を産して以後機業地として発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつけ【見附[市]】

新潟県中部の市。1954年市制。人口4万3760(1995)。信濃川支流の刈谷田川中流に位置し,西部は越後平野の平たん部,東部は魚沼丘陵の山地からなる。刈谷田川の谷口に位置する中心の見附は,近世に河岸町として栄え,六斎市も立ち,村松藩の代官所が置かれた。現在は県下有数の機業都市である。機業は宝暦年間(1751‐64)に農家の副業として始まり,文政年間(1818‐30)には村松藩の奨励により結城紬(ゆうきつむぎ)の織法が導入され,見附結城と呼ばれる銘柄物を織った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見附[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見附[市]の関連情報