調布(市)(読み)ちょうふ

  • 調布

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都中央部にある市。1955年(昭和30)調布、神代(じんだい)の2町が合併して市制施行。古代、高句麗(こうくり)などからの渡来人によってアサが栽培され、多摩川の水にさらして布を織り、調(税)として朝廷に出したことが地名の由来。市のほぼ中央にある布田(ふだ)(布多)も調布と関係の深い地名である。多摩川の左岸にあり、沖積地を除いて大部分が武蔵野(むさしの)台地に位置する。この台地は武蔵野面と立川面(たちかわめん)の二つに分かれるが、その境の国分寺崖線(こくぶんじがいせん)とよぶ崖端には湧水(ゆうすい)があり、崖線沿いに流れる野川などの河川に流れ込む。野川は市内中央部をほぼ東に流れ、川沿いにサイクリング道路がある。

 江戸時代に甲州街道の宿場町として集落ができ、1913年(大正2)京王電鉄京王線の開通以後、住宅地化が始まり、第二次世界大戦後の1960年代以降、公団住宅などができて急速に宅地化、一方、農業は減少した。電機製品、工業用ミシンなどの工業もみられるが、住宅都市としての性格が強い。旧甲州街道沿いには商店街が見られ、調布駅周辺には大型店がある。

 関東では最古級の白鳳(はくほう)期の仏像、銅造釈迦如来倚像(どうぞうしゃかにょらいいぞう)(国宝)をもつ深大寺(じんだいじ)があり、付近は湧水を利用したそば、ニジマスの料理屋があることで知られる。なお、東部の湧水地には武者小路実篤(さねあつ)の邸跡が実篤公園として開放されており、記念館がある。深大寺に接して都営の神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)があり、面積48万7000平方メートル、四季を通じて花が咲き美しい。京王電鉄京王線、国道20号が市の中央部を横断、中央自動車道調布インターチェンジ、調布飛行場がある。調布駅から分岐する京王電鉄相模原線(けいおうでんてつさがみはらせん)の京王多摩川駅近くに京王フローラルガーデンANGE(アンジェ)(2002年京王百花苑(えん)がリニューアル)、競輪場がある。また宇宙航空研究開発機構の航空宇宙センター、電気通信大学、NTT中央電気通信学園、桐朋学園大学、白百合女子大学などがある。面積21.58平方キロメートル、人口22万9061(2015)。

[沢田 清]

『『調布市百年史』(1978・調布市)』『『調布市史』民俗編(1988・調布市)』『『調布市史』全3巻(1990~1997・調布市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調布(市)の関連情報