コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸士法度 しょしはっと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸士法度
しょしはっと

江戸幕府の法令の一つ。『旗本法度』ともいう。『武家諸法度』に照応し,幕府に仕える旗本御家人の守るべき規律を制定したもの。寛永9 (1632) 年に9ヵ条,同 12年に 23ヵ条として3代将軍徳川家光によって発布された。内容は忠孝,軍役,兵具,嫁娶,振舞,音信,喧嘩口論,跡目,徒党,火事,百姓訴論,知行所務などにわたっている。『諸士法度』は寛文3 (63) 年4代将軍家綱のときにも発布されたが,5代将軍綱吉の天和3 (83) 年以後は内容が『武家諸法度』と似ているため,それをもって『諸士法度』に代えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょし‐はっと【諸士法度】

江戸幕府が旗本御家人統制のために定めた法令。寛永9年(1632)に発布され、同12年に整備された。旗本法度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょしはっと【諸士法度】

江戸幕府が旗本・御家人を対象として発布した法令。万石以上の大名に対して出された武家諸法度に対応するもので,1635年(寛永12)3代徳川家光のとき,64年(寛文4)4代家綱のときの2度出された。旗本・御家人の遵守すべき規律を定めた23ヵ条からなり,内容は,忠孝,軍役,兵具,屋作,嫁娶,振舞,音信,喧嘩,火事,反逆殺害盗賊人,知行所務,境論,百姓公事,跡目,徒党,衣服など広範囲にわたる詳細な規定である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょしはっと【諸士法度】

江戸幕府が旗本・御家人の守るべき規律として定めた法令。1632年制定。五代将軍綱吉の時に廃止。旗本法度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諸士法度
しょしはっと

旗本法度ともいう。江戸幕府が定めた法令で、幕府の直参(じきさん)家臣である旗本・御家人(ごけにん)統制のための基本法令。大名統制の基本法令である「武家諸法度」に照応し、1632年(寛永9)に発布され、35年に整備された。全23か条よりなる。忠孝、軍役、倹約、嫁娶(よめとり)、振舞(ふるまい)、音信(おんしん)、喧嘩(けんか)口論、火事、召抱(めしかかえ)、知行(ちぎょう)、諍論(そうろん)、百姓公事(くじ)、相続、徒党、商売、衣類など多方面にわたって、直参家臣の守るべき規準を示している。第2条の軍役規定は、33年の軍役令の制定に対応し、第15条では、旗本相互の諍論を禁じて、山論・水論を幕府の法体系のなかに吸収した。5代将軍徳川綱吉(つなよし)以降廃止され、「武家諸法度」をもってこれにあてた。[藤野 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の諸士法度の言及

【伊賀越の敵討】より

…弟のための敵討は異例であるが,江戸初期にはほかにも例がある。この事件は幕府創立期の大名と旗本の対立,大名の家臣統制の困難を示すが,幕府は35年と63年(寛文3)の〈諸士法度〉で,旗本が他家の犯罪者を庇護することを禁じ,領主の犯罪者追及権を明定した。伊賀越道中双六【平松 義郎】。…

※「諸士法度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸士法度の関連キーワード武家法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android