コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊平[町] とよひら

百科事典マイペディアの解説

豊平[町]【とよひら】

広島県中西部,山県(やまがた)郡の旧町。山林面積が広く,渓谷に沿う狭い谷地に耕地と集落がある。林業米作養鶏,乳牛飼育,野菜栽培を行い,特にキュウリの栽培が盛ん。2005年2月山県郡芸北町,大朝町,千代田町と合併し町制北広島町となる。130.66km2。4544人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよひら【豊平[町]】

広島県西部,山県(やまがた)郡の町。人口4791(1995)。中国山地の標高700~800mの山々に囲まれ,南部を太田川支流の丁(ようろ)川,西宗川,北部を可愛(えの)川支流の志路原(しじわら)川が流れる。林業,米作,野菜栽培を中心とする農山村で,特にキュウリの栽培が盛んである。中心集落の戸谷(とだに)には1897‐1907年山県郡の郡役所が置かれていた。中央部にある竜頭山(928m)は,山頂から瀬戸内海,三瓶山,大山を展望できる景勝地で,遊歩道が整備されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

豊平[町]の関連キーワード北広島町千代田町

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android