コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊羽鉱山 とよはこうざん

3件 の用語解説(豊羽鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊羽鉱山
とよはこうざん

札幌市南区,豊平川支流の上流にある鉱山。新第三紀緑色凝灰岩変朽安山岩に鉱床があり,鉛,亜鉛を産出する。 1907年に発見され,16年採掘が開始された。鉱石は札幌市南部の石山で選鉱され,大分県佐賀関に送られ製錬される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とよはこうざん【豊羽鉱山】

札幌市の定山渓温泉に近い山中にある銀・鉛・亜鉛鉱山。新第三紀中新世の変朽安山岩,黒色ケツ岩,凝灰岩質ケツ岩などからなる豊羽層中に,数十条の鉱脈が知られている。延長2km,最大脈幅20mの但馬(たじまひ)を中心に開発され,さらに,周辺部,下部に信濃,出雲などの優勢な鉱脈を発見した。銀の含有量が高く,鉛・亜鉛品位も高いが,岩盤温度が高く,鉱脈に沿って高温の温泉水を伴うため,坑内は放置すると100℃を超える温度となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊羽鉱山
とよはこうざん

札幌市の西部、南区定山渓(じょうざんけい)地区にあった鉱山。白井(しらい)川上流にあり、銀、鉛のほか銅、亜鉛、硫化鉄を含む黒(くろ)鉱で、月4万トンを出鉱する日本有数の鉱山であった。1935年(昭和10)から日本鉱業(株)が採掘を始め、1950年からは豊羽鉱山(株)が経営していた。新鉱脈も発見され、近年も有望鉱脈の開発が続いていたが、2006年(平成18)3月閉山した。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊羽鉱山の関連キーワード定山渓温泉定山渓定山渓[温泉]北海道札幌市南区定山渓北海道札幌市南区定山渓温泉西北海道札幌市南区定山渓温泉東北海道札幌市南区美泉定山定山渓国道カラカミ観光

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone