コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊羽鉱山 とよはこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊羽鉱山
とよはこうざん

札幌市南区,豊平川支流の上流にある鉱山。新第三紀緑色凝灰岩,変朽安山岩鉱床があり,鉛,亜鉛を産出する。 1907年に発見され,16年採掘が開始された。鉱石は札幌市南部の石山で選鉱され,大分県佐賀関に送られ製錬される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよはこうざん【豊羽鉱山】

札幌市の定山渓温泉に近い山中にある銀・鉛・亜鉛鉱山。新第三紀中新世の変朽安山岩,黒色ケツ岩,凝灰岩質ケツ岩などからなる豊羽層中に,数十条の鉱脈が知られている。延長2km,最大脈幅20mの但馬(たじまひ)を中心に開発され,さらに,周辺部,下部に信濃,出雲などの優勢な鉱脈を発見した。銀の含有量が高く,鉛・亜鉛品位も高いが,岩盤温度が高く,鉱脈に沿って高温の温泉水を伴うため,坑内は放置すると100℃を超える温度となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊羽鉱山
とよはこうざん

札幌市の西部、南区定山渓(じょうざんけい)地区にあった鉱山。白井(しらい)川上流にあり、銀、鉛のほか銅、亜鉛、硫化鉄を含む黒(くろ)鉱で、月4万トンを出鉱する日本有数の鉱山であった。1935年(昭和10)から日本鉱業(株)が採掘を始め、1950年からは豊羽鉱山(株)が経営していた。新鉱脈も発見され、近年も有望鉱脈の開発が続いていたが、2006年(平成18)3月閉山した。[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊羽鉱山の関連キーワードダイアフォル鉱日本鉱業豊羽鉱自然銀方鉛鉱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android