コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭博罪 とばくざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賭博罪
とばくざい

偶然の勝負に関し,博戯または賭け事によって財物の得喪を決める行為をする罪 (刑法 185) 。国民一般の健全な経済観念,勤労意欲を保護するための立法である。勝負が技術の優劣によることが大きい場合でも偶然の要素があれば (賭け碁など) ,やはり罪になる。もっとも,一時の娯楽にするため,その場での飲食物を賭けるなどしても賭博罪にはならない。常習として博戯または賭け事をした者は常習賭博罪として刑が加重される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とばく‐ざい【賭博罪】

偶然の勝負に関し、財物を賭ける罪。刑法第185条が禁じ、50万円以下の罰金または科料に処せられる。単純賭博罪
[補説]関連する罪に、常習賭博罪賭博場開張等図利罪富くじ発売等罪などがある。競馬競輪競艇などは、それぞれ競馬法自転車競技法モーターボート競走法などで認められた賭博なので、刑法第35条の正当行為となり本罪にはあたらない。また、飲食物やその代金などを賭ける程度の場合は罪とならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

賭博罪【とばくざい】

偶然の勝負に関し財物をもって博戯(ばくち)または賭事をする罪(単純賭博罪,刑法185条)。刑は50万円以下の罰金・科料。一時の娯楽に供する物をかけたときは本罪は不成立。
→関連項目賭博

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とばくざい【賭博罪】

刑法上賭博とは,偶然の勝敗によって財物の得喪を決することで,当事者が勝敗を決する博戯と,単に予想の的中を争う賭事とがあるが,区別の実益はない。賭博は適度に行われれば娯楽と射幸という人間の欲求をほどよく満たすものであるが,賭博への耽溺は日常的な勤労意欲を麻痺させ健全な経済社会運営を混乱させるとともに,副次的な犯罪を誘発し,しばしば暴力団の資金源となる性格をもっている。そこでどの範囲で賭博行為を容認し,あるいは処罰の対象とするかは難しい問題であるが,日本では前記悪弊を理由に賭博行為一般を風俗犯として刑法で処罰しつつ〈一時の娯楽に供する物を賭〉す場合を例外として許容するとともに,政府あるいは地方公共団体が競馬・競輪・宝くじなどの事業を推進あるいは主催することにより国民の欲求を吸収し,健全な運営とその収入による公共の福祉の増進とを図る政策をとっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とばくざい【賭博罪】

財物をかけて偶然性の支配する勝負をし、また賭博場の開帳や賭博をする者を結合させて利益を図ろうとすることにより成立する罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賭博罪
とばくざい

賭博、すなわちギャンブルをしたり、これに関与する罪。射幸心は人間の一種の本能であり、賭(か)け事は庶民の日常的な娯楽として広く行われているが、庶民的な娯楽の境を越え一攫(いっかく)千金を夢みたり、賭け事に熱中すると、労働意欲が失われ、家庭崩壊にもつながるおそれがあることも否定できない。そこで、現行刑法は賭博罪を設け、50万円以下の罰金または科料に処するとともに、常習的に賭博をすれば3年以下の懲役に、賭博場の開帳や博徒の結合により利益を図る行為をすれば3月以上5年以下の懲役に処している(刑法185条、186条)。
 しかし、競馬、競輪、競艇、オートレース等の公営ギャンブルを広く公認しながら、たとえば非常習的な賭け麻雀(マージャン)など広く行われている庶民のささやかな賭け事をも本罪により一律に処罰することは実情にあわない。そこで、実務上も、とくに単純賭博については取締りや処罰が徹底しているわけではない。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

賭博罪の関連キーワード賭博開帳図利(とり)罪インターネットカジノ野球賭博問題賭場開帳罪違法賭博対向犯常習犯偶然性補説累犯小政開帳

賭博罪の関連情報