コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤目 あかめ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

赤目

黒目の底にある血管がストロボ撮影で赤く写ること。目の色素的には、日本人より欧米人のほうが赤目になりやすい。赤目を避けるには、フラッシュを上方に向けて直接照射しないように撮影すればよい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐べ【赤目】

あかんべい」に同じ。

あか‐め【赤目/赤眼】

疲れ・病気などのため、赤く充血した目。
虹彩(こうさい)の色素が少なくて、眼底の血の色が透けて赤く見える目。白ウサギの目など。
フラッシュを使って撮影した写真で、瞳が赤く写ること。また、そのように赤く写った瞳。暗がりで大きく開いた瞳孔を通って、網膜にある毛細血管に強い光が届くために起こる。赤目現象。赤目効果。→赤目軽減機能
あかんべい」に同じ。
スズキ目アカメ科の汽水魚。全長約1メートル。体は側扁し、銀白色で目は赤い。食用。
ヒガイ(鰉)別名
メナダの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

赤目

斎藤憐による戯曲。初演は劇団自由劇場(1967年)。1969年、第14回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あかめ【赤目】

病気・疲労などのため、赤く充血した目。
虹彩色素の欠乏から眼底の血管が透けて赤く見える目。白ウサギの目の類。
写真撮影でフラッシュを用いて人物をカラー撮影した際、瞳が赤く写る現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤目 (アカメ)

学名:Lates calcarifer
動物。アカメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

赤目の関連キーワード日本サンショウウオセンター三重県名張市赤目町長坂赤目一志峡県立自然公園室生赤目青山国定公園赤目四十八滝心中未遂ZIGレッドアイペン赤目防止フラッシュ赤目軽減フラッシュ赤目軽減モード三重県名張市赤目四十八滝赤目軽減発光赤目一志峡宇陀[市]車谷長吉奥一志峡高見山地北畠神社毛細血管赤目効果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤目の関連情報