赤目(読み)あかめ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

赤目

黒目の底にある血管がストロボ撮影で赤く写ること。目の色素的には、日本人より欧米人のほうが赤目になりやすい。赤目を避けるには、フラッシュを上方に向けて直接照射しないように撮影すればよい。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐べ【赤目】

あかんべい」に同じ。

あか‐め【赤目/赤眼】

疲れ・病気などのため、赤く充血した目。
虹彩(こうさい)の色素が少なくて、眼底の血の色が透けて赤く見える目。白ウサギの目など。
フラッシュを使って撮影した写真で、瞳が赤く写ること。また、そのように赤く写った瞳。暗がりで大きく開いた瞳孔を通って、網膜にある毛細血管に強い光が届くために起こる。赤目現象。赤目効果。→赤目軽減機能
あかんべい」に同じ。
スズキ目アカメ科の汽水魚。全長約1メートル。体は側扁し、銀白色で目は赤い。食用。
ヒガイ(鰉)別名
メナダの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかめ【赤目】

病気・疲労などのため、赤く充血した目。
虹彩色素の欠乏から眼底の血管が透けて赤く見える目。白ウサギの目の類。
写真撮影でフラッシュを用いて人物をカラー撮影した際、瞳が赤く写る現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐べ【赤目】

〘名〙 =あかんべい
蟹工船(1929)〈小林多喜二〉一「眼のふちがあかべをしたやうにただれてゐるのが」

あか‐め【赤目】

〘名〙
[一] 赤い目。
① 疲れや病気などのため、結膜が充血して赤くなった目。ただれ目。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉四「塩からリンチで赤目にされた磯野は」
② 眼球の虹彩(こうさい)および脈絡膜(みゃくらくまく)の色素の欠乏や欠損によって眼底の血液が透けて赤くみえる目。白うさぎ、白ねずみ等、またアルビノの動物の目に見られる。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「兎の如きは赤眼(アカメ)の雄を賞し」
④ 両眼に血筋を現わすこと。また、その血走った目。怒ってにらみつけた目にいう。→赤目釣る
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉一一「此処の人形は眼玉が盛んに活躍する、〈略〉赤眼を出したり青眼を吊ったりする」
[二] 魚。
① アカメ科の海魚。体長約一メートル。体は青黒色で下方が淡く、眼の瞳孔が赤いのでこの名がある。頭部と体側に黒斑がある。体高が高く強く側扁する。吻(ふん)はとがり、口は大きい。日本特産種で和歌山県、高知県、宮崎県の汽水域を中心とした沿岸にすみ、幼魚は高知県四万十川、宮崎県大淀川に入る。肉食魚。釣魚で若魚は美味だが、生息数が非常に少ない。
② 魚「めなだ(目奈陀)」の異名。眼の虹彩の部分が黄赤色を呈しているので、白色を呈するボラに対していう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「わが浦人は、世々の国王へ、供御(くご)の赤目魚(アカメ)を献(まゐ)らしたるに」
③ 魚「ひがい(鰉)」の異名。産卵期の雄は特に虹彩の部分が赤くなる。
④ 漢名「鱒」に当て、マスの異名とするが誤訳か。漢名の鱒は日本のマスではなく、眼球の虹彩の部分がやや赤みを帯びるコイ科の魚カワアカメをさす。《季・春》〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤目の関連情報