コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤碕 あかさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤碕
あかさき

鳥取県中西部,大山 (だいせん) の北斜面から日本海岸にかけて広がる地域。旧町名。 1900年町制。 1954年成美,以西,安田の3村と合体。町名は海食崖が海に突出する地形に由来。 2004年9月東伯町と合併し琴浦町となった。中心集落の赤碕は,江戸時代は宿場町として発展。『延喜式』の清水駅はこの地と推定される。赤碕港は古くから漁港として繁栄。農村部では二十世紀梨などの果樹や野菜を栽培。南部の大山北麓には名和長年の挙兵で知られる船上山があり,付近の船上山行宮跡 (史跡) ,千丈滝などの景勝地を含む一帯は大山隠岐国立公園に属する。海岸部を JR山陰本線,国道9号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤碕
あかさき

鳥取県中西部、東伯(とうはく)郡にあった旧町名(赤碕町(ちょう))。現在の琴浦(ことうら)町の西半部。旧赤碕町は1900年(明治33)町制施行。1954年(昭和29)成美(なるみ)、以西(いさい)、安田の3村を編入。2004年(平成16)東伯町と合併して琴浦町と改称。旧町域は、大山(だいせん)北東麓(ほくとうろく)域から日本海へ至り、中央を勝田川と黒川が流れる。海沿いにJR山陰本線、国道9号が通じる。中心の赤碕は山陰本線に沿い、かつては鳥取藩の藩倉があり、米の積出し港。現在は漁港があり、倉吉(くらよし)、米子(よなご)両市の中間にある在方(ざいかた)商業町。駅南には、中世以来の馬牧に由来する畜産地帯を背景に、県畜産試験場、家畜改良センター鳥取牧場などがあり、西欧的な牧場景観とサクラの巨木で有名。付近の農村はナシの栽培、酪農が盛んで、農業生産所得は高い。大父(おおぶ)、山川(やまかわ)は旧木地師(きじし)集落。国指定史跡の船上山行宮(せんじょうさんあんぐう)跡、県指定の保護文化財に赤碕塔や神崎(かんざき)神社本殿などがある。県指定天然記念物箆津(のつ)のハマヒサカキ北限地帯など文化財も多い。船上山一帯は大山隠岐(だいせんおき)国立公園。[岩永 實]
『『赤碕町誌』(1974・赤碕町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤碕の関連キーワード鳥取県東伯郡琴浦町別所鳥取県東伯郡琴浦町精霊舟・欄間彫刻赤崎からいも大山(鳥取)赤碕[町]琴浦[町]琴浦(町)植田正治塩谷定好船上山城鷹島八橋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤碕の関連情報