コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赴戦江 ふせんこう

3件 の用語解説(赴戦江の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

赴戦江【ふせんこう】

朝鮮半島北部の赴戦嶺に発源,北東流して蓋馬(かいま)高原を経て,鴨緑江の支流長津江に注ぐ川。全長約100km。上流に1929年建設のダムによる赴戦湖と流域変更式発電所(最大出力20万kW)があり,興南(咸興)の重化学工業化に寄与した。
→関連項目鴨緑江咸鏡南道赴戦嶺山脈両江道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふせんこう【赴戦江 Puch‘ŏn‐gang】

朝鮮半島の北端を流れる鴨緑江の支流。全長約100km。蓋馬(かいま)高原の遮日峰(2506m)等から発し,高原上の緩斜面を北流,いったん長津江と合流したのち,新乫坡鎮付近で主流に合する。1929年,標高1200mの地点にダムが建設され,面積約24km2の広大な赴戦湖が生成した。湖水は27.5kmのトンネルを通じて咸鏡山脈南麓の城川江に落とされ,赴戦江発電所の20万kWの発電機を動かすことになった。この朝鮮最初の大型発電所の完成によって,興南に窒素肥料工場の操業が開始され(野口遵(したがう)の日本窒素肥料株式会社が進出したもの),北朝鮮重化学工業の嚆矢(こうし)となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赴戦江
ふせんこう / プチョンカン

朝鮮半島北東部の蓋馬(かいま)高原の西部を南から北流して長津(ちょうしん)江に注ぐ川。全長121キロメートル、流域面積1838平方キロメートル。妙香山脈の高大山(1768メートル)より発し、赴戦嶺(れい)の山麓(さんろく)に沿いながら北東流し、沖積層の高原盆地を出て方向を北にとり、人造湖の赴戦湖へ注いでいる。湖より下流は峡谷を経て北流し、大通気江をあわせ慈江道狼林(ろうりん)郡で長津江に合流している。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赴戦江の関連キーワード鴨緑江漢江三水朝鮮半島白村江鴨緑江節新義州長白山中江小又峡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone