始まる(読み)ハジマル

デジタル大辞泉「始まる」の解説

はじま・る【始まる】

[動ラ五(四)]
物事が行っていない状態から行う状態になる。行われだす。「勤めは朝九時に—・る」「工事が—・る」⇔終わる
新しく起こる。新たに発生する。「戦争が—・る」
起因する。起源をもつ。「けんかは何げない一言から—・った」「この風習は平安時代に—・る」
いつものくせが出る。「そら—・った。例の自慢話だよ」
(「…ても始まらない」の形で)むだだ。手遅れだ。しようがない。「怒っても—・らない」「今さら薬を飲んでも—・らない」
[類語](1開始する開幕するスタートする幕がふたく・蓋を開けるしょ・ちょ幕開き始めるしだすやりだす掛かる取り掛かるしかかるしかける着手する踏み出す出出し立ち上がり手始め皮切り口切り封切り起動始動発動端を発する口火を切る火蓋を切る幕を切って落とす狼煙のろしを上げる手を付ける御輿みこしを上げる/(2)(3起こる生ずる発する発生する生起する起因する由来するたんを発する起きる持ち上がる出来しゅったいする勃発ぼっぱつする突発する偶発するいわれ由緒来歴故事縁起歴史沿革変遷道程歴程足跡そくせき歩み年輪因縁来由成り立ちルーツ因る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android