コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足袋・単皮 たび

1件 の用語解説(足袋・単皮の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たび【足袋・単皮】

足に履く布製の袋状の衣料。鼻緒をすげた履物をはけるように親指とほかの四本の指を入れる二つの部分に分かれており、かかとの上をこはぜで留める。古くは革製で組紐くみひもで結んだ。現代では和服の時に、防寒用・礼装用として用いる。 [季] 冬。 《 -つぐやノラともならず教師妻 /杉田久女 》

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone