コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足袋・単皮 たび

大辞林 第三版の解説

たび【足袋・単皮】

足に履く布製の袋状の衣料。鼻緒をすげた履物をはけるように親指とほかの四本の指を入れる二つの部分に分かれており、かかとの上をこはぜで留める。古くは革製で組紐くみひもで結んだ。現代では和服の時に、防寒用・礼装用として用いる。 [季] 冬。 《 -つぐやノラともならず教師妻 /杉田久女 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

足袋・単皮の関連キーワード杉田久女

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android