コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏歌の節会 トウカノセチエ

デジタル大辞泉の解説

とうか‐の‐せちえ〔タフカ‐セチヱ〕【踏歌の節会】

平安時代、正月に宮中踏歌を奏する行事。殿上酒宴が行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうかのせちえ【踏歌の節会】

正月の祝儀として,天皇出席のもと,長寿を祝い,万民の豊年を祈って群集舞踏する踏歌を見る節会。中国の行事の渡来であり,中国では唐代,上元の15,16,17日に三夜踏歌を行う。日本では天武天皇3年大極殿に拝朝ののち,男女の別なく行われたとも伝えられるが,持統7年(693)正月の条に〈漢人等奏踏歌〉とみえるのが《日本書紀》の初見。節会には1月14日の男踏歌,同16日の女踏歌がある。男踏歌は,天皇が清涼殿の東の孫廂に,公卿等は長橋に着座し,東庭に参入の歌人の踏歌を見,東の簀子に着座し酒肴を賜う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

踏歌の節会の関連キーワード平安時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android