踏歌の節会(読み)とうかのせちえ

精選版 日本国語大辞典「踏歌の節会」の解説

とうか【踏歌】 の 節会(せちえ・せつえ)

平安時代正月に宮廷で踏歌を奏する公事(くじ)。初め一六日に豊楽(ぶらく)殿で行なわれた。のち紫宸殿において一四日または一五日に男踏歌を、一六日に女踏歌を行なった。男踏歌は、天皇が出御して王卿に酒を賜い、次いで国栖(くず)が歌笛を奏し、贄(にえ)を献じ、大歌所の奏歌ののち舞人が踏歌を行なう。宴が終わって王卿以下に祿を賜わる。女踏歌もほぼこれに準ずる。男踏歌は中世に廃絶した。あらればしりの豊明(とよのあかり)。《季・新年》 〔拾芥抄(13‐14C)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「踏歌の節会」の解説

とうかのせちえ【踏歌の節会】

正月の祝儀として,天皇出席のもと,長寿を祝い,万民の豊年を祈って群集舞踏する踏歌を見る節会。中国の行事の渡来であり,中国では唐代,上元の15,16,17日に三夜踏歌を行う。日本では天武天皇3年大極殿に拝朝ののち,男女の別なく行われたとも伝えられるが,持統7年(693)正月のに〈漢人等奏踏歌〉とみえるのが《日本書紀》の初見。節会には1月14日の男踏歌,同16日の女踏歌がある。男踏歌は,天皇が清涼殿の東の孫廂に,公卿等は長橋に着座し,東庭に参入の歌人の踏歌を見,東の簀子に着座し酒肴を賜う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android