コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カカト

8件 の用語解説(踵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かかと【×踵】

足の裏の後部、足首の下にあたる部分。くびす。きびす。「を上げる」
靴など、履き物の後部。「がすり減る」「を踏んで履く」

きびす【×踵】

かかと。くびす。
履物の、かかとにあたる部分。
「沓(くつ)の―を、刀にて切りたるやうに」〈宇治拾遺・二〉

くびす【×踵】

足の裏の後部。かかと。きびす。

しょう【踵】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]かかと くびす きびす
かかと。「接踵・旋踵」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あくと【踵】

〔「あぐと」とも〕
かかと。くびす。 「 -のあかぎれ/滑稽本・膝栗毛 4

かかと【踵】

足の裏の後ろの部分。中心体は踵骨しようこつ。この部位の皮膚は全身中で最も厚く固い。きびす。
履物の底の後ろの部分。 「 -の高い靴」
(「かかとを踏む」の形で)前に行く人のすぐあとを追うようにして進むこと。 「山嵐の-をふんであとからすぐ現場へ馳けつけた/坊っちゃん 漱石

きびす【踵】

かかと。くびす。 〔主に西日本での言い方〕
履物の、かかとにあたる部分。 「沓の-に、あしの皮をとり加へて/宇治拾遺 2
[句項目]

くびす【踵】

足の裏の後ろの部分。かかと。きびす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

踵の関連情報