コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造士館 ぞうしかん

5件 の用語解説(造士館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造士館
ぞうしかん

この名称の藩校はいくつか設けられているが,特に著名なものは安永2 (1773) 年島津重豪の創設した薩摩藩の藩校。明治維新後は廃藩とともに廃止されたが,第七高等学校造士館としてその名を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぞうし‐かん〔ザウシクワン〕【造士館】

薩摩(さつま)藩の藩校。藩主島津重豪(しまづしげひで)が安永2年(1773)に開設。和学・漢学・筆道の3科を課し、武芸の鍛練も行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

造士館【ぞうしかん】

薩摩藩の藩校。島津重豪(しげひで)が1773年昌平黌にならって設立,1786年造士館と命名,漢学を中心に和学・習字を授けた。のち島津斉彬(なりあきら)が再興,洋学も尊重。
→関連項目島津国史

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぞうしかん【造士館】

薩摩藩の藩校。1773年藩主島津重豪しげひでの創設。和学とともに洋学をも重んじた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造士館
ぞうしかん

薩摩(さつま)藩島津氏の藩学。1773年(安永2)藩主島津重豪(しげひで)が士風刷新を図り、幕府の昌平黌(しょうへいこう)に倣い創立。曽孫(そうそん)斉彬(なりあきら)の代に整備された。藩士はおよそ8歳より21、2歳の子弟を就学させ、和学、漢学(朱子学)、筆道を学ばせた。藩費で維持され、寄宿生は自費であった。聖廟(せいびょう)宣成殿、講堂、学寮、文庫を備え、春秋の丁日に家老以下諸役人が参列して釈奠(せきてん)を行った。同じ敷地内に1774年医学院(漢医学)、演武館を、後年、開成所(英学)を設立。造士館は1870年(明治3)本学校と改称。別に小学校を設け、和漢洋学、習字、筆算を授けた。翌71年廃校。名称は、のちに第七高等学校(国立旧制)に継承された。同名の藩学が、三田(さんだ)(摂津(せっつ))、郡山(こおりやま)(大和(やまと))、安中(あんなか)(上野(こうずけ))の各藩にもあった。[木槻哲夫]
『文部省編・刊『日本教育史資料三 巻八』(1889) ▽笠井助治著『近世藩校の綜合的研究』(1960・吉川弘文館) ▽宇野哲人編『藩学史談』(1943・文松堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造士館の関連キーワードウルム氷期均等名時差タムタム総括整理職ワヤン馬蹄缶ブッフネル岩Zプライムボソン裏小段

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

造士館の関連情報