造士館(読み)ぞうしかん

百科事典マイペディアの解説

造士館【ぞうしかん】

薩摩藩の藩校。島津重豪(しげひで)が1773年昌平黌にならって設立,1786年造士館と命名,漢学を中心に和学・習字を授けた。のち島津斉彬(なりあきら)が再興,洋学も尊重。1871年本学校と改め,小学校も設立。のち第七高等学校造士館等に名を残した。上州安中藩,摂津(せっつ)三田(さんだ)藩等に同名のものがあった。
→関連項目島津国史

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

造士館
ぞうしかん

薩摩(さつま)藩島津氏の藩学。1773年(安永2)藩主島津重豪(しげひで)が士風刷新を図り、幕府の昌平黌(しょうへいこう)に倣い創立。曽孫(そうそん)斉彬(なりあきら)の代に整備された。藩士はおよそ8歳より21、2歳の子弟を就学させ、和学、漢学(朱子学)、筆道を学ばせた。藩費で維持され、寄宿生は自費であった。聖廟(せいびょう)宣成殿、講堂、学寮、文庫を備え、春秋の丁日に家老以下諸役人が参列して釈奠(せきてん)を行った。同じ敷地内に1774年医学院(漢医学)、演武館を、後年、開成所(英学)を設立。造士館は1870年(明治3)本学校と改称。別に小学校を設け、和漢洋学、習字、筆算を授けた。翌71年廃校。名称は、のちに第七高等学校(国立旧制)に継承された。同名の藩学が、三田(さんだ)(摂津(せっつ))、郡山(こおりやま)(大和(やまと))、安中(あんなか)(上野(こうずけ))の各藩にもあった。

[木槻哲夫]

『文部省編・刊『日本教育史資料三 巻八』(1889)』『笠井助治著『近世藩校の綜合的研究』(1960・吉川弘文館)』『宇野哲人編『藩学史談』(1943・文松堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞうし‐かん ザウシクヮン【造士館】

薩摩藩の藩校。安永二年(一七七三)、藩主島津重豪(しげひで)が創立。廃藩とともに廃校。名称は明治一四年(一八八一)、第七高等学校造士館として引き継がれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

造士館
ぞうしかん

江戸時代,薩摩藩の藩校
1773年藩主島津重豪 (しげひで) が演武館とともに創設,藩士に朱子学を教えた。その後一時衰えたが,1855年島津斉彬 (なりあきら) が洋学などを導入して学風を再興した。旧制七高等学校造士館(のち鹿児島大学)はその後身。同名の藩校が安中藩と三田 (さんだ) 藩にもあった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報