コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囀る サエズル

デジタル大辞泉の解説

さえず・る〔さへづる〕【×囀る】

[動ラ五(四)]《「さいずる」の音変化》
小鳥がしきりに鳴く。「カナリアの―・る声」 春》「―・るも帰りがけなる小鳥かな/浪化」
口数多く早口でしゃべるのを軽蔑していう。ぺちゃくちゃしゃべる。「よく―・る女の子だ」
地方の人や外国人などが耳慣れない言葉でしゃべる。
「そこはかとなく―・るも、心の行く方(へ)は同じこと」〈須磨
[可能]さえずれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さえずる【囀る】

( 動五[四] )
小鳥が鳴く。 「スズメが-・る」
(女や子どもが)集まってぺちゃくちゃしゃべる。 「端手はしたなく-・つて他愛もなく笑ふ/浮雲 四迷
(田舎者・外国人などが)意味のわからない言葉をしゃべる。 「あやしき海士あまどもなどの…-・りあへるも、いとめづらかなれど/源氏 明石
[可能] さえずれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

囀るの関連キーワードかわゆらしい可愛らしい勧学院浪化四迷

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

囀るの関連情報