吠える/吼える(読み)ホエル

デジタル大辞泉の解説

ほ・える【×吠える/×吼える】

[動ア下一][文]ほ・ゆ[ヤ下二]
獣などが大声で鳴く。「虎が―・える」
風・波などが、荒れて大きな音を立てる。「荒海が―・える」
大声で話す。わめく。どなる。「壇上で―・える」
雄叫(おたけ)びをあげる。気合いを入れるために大声を出す。「マウンド上で―・える投手」
[補説]書名別項。→吠える

ほえる【吠える】[書名]

《原題Howlギンズバーグの詩。1955年、サンフランシスコで行われた朗読会で発表後、他の詩編とともに翌年刊行。その際に、わいせつ文書にあたるとして告訴されるが、1957年に無罪判決となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吠える
ほえる
Howl & Other Poems

アメリカの詩人アレン・ギンズバーグの詩集。1956年刊。1950年代アメリカのビート世代を一躍有名にした詩集で、サンフランシスコの小出版社シティ・ライツからわずか44ページの小冊子で出され、アメリカ中の若者たちの深い共鳴を得た。かつてのダダイスト詩人で精神科病院に入っているカール・ソロモンに献じられた冒頭の長詩「吠える」は、文字どおり高度管理体制下の病めるアメリカの姿に対する慟哭(どうこく)である。現代詩の大家W・C・ウィリアムズは序文で「婦人たちよ、ガウンのすそをかかげなさい。これから地獄を通るのだから」といっている。ほかにホイットマンに呼びかけた「カリフォルニアのスーパーマーケット」や「ひまわり経典」が含まれている。[新倉俊一]
『諏訪優訳『増補ギンズバーグ詩集』(1980・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android