(読み)ト

デジタル大辞泉の解説

と【都】

と並ぶ地方公共団体。東京都のこと。また、「東京都」の。→東京都道府県

と【都】[漢字項目]

[音](漢) (呉) [訓]みやこ
学習漢字]3年
〈ト〉
人の集まる大きな町。「都会都市
政府の所在地。みやこ。「旧都古都首都新都遷都帝都奠都(てんと)
東京都のこと。「都営都政都民都立
みやこ風であか抜けしている。みやびやか。「都雅
取りまとめる。統率する。「都統都督
〈ツ〉すべて。みな。「都合都度
[名のり]いち・くに・さと・ひろ
[難読]都都一(どどいつ)都都逸(どどいつ)

みや‐こ【都】

《「宮(みや)処(こ)」の意》
皇居のある土地。「を定める」「京の
その国の中央政府の所在地。首都。首府。また一般に、人口が多く、政治・経済・文化などの中心となる繁華な土地。都会。「住めば
何かを特徴としたり、何かが盛んに行われることで人が集まったりする都会。「音楽のウィーン」「水のベニス」
天皇が仮の住居とする行宮(あんぐう)。
「秋の野のみ草刈り葺(ふ)き宿れりし宇治の―の仮廬(かりいほ)し思ほゆ」〈・七〉

つ【都】[漢字項目]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

と【都】

みやこ。
地方公共団体の一。東京都がこれにあたる。 → 都道府県
「東京都」の略。 -の方針 -条例

みやこ【都】

宮処みやこの意
皇居のある所。 奈良の- 京都から東京に-を移す
首府。首都。
政治・経済・文化の中心としてにぎやかな所。都会。あることが盛んであったり特徴であったりする都会。 花の- 水の-ベニス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


道府県と同列である普通地方公共団体の一種。都は、市町村を包括する広域の自治体という点で府県と同じであるが、特別が置かれている点で府県と異なる。これは、1943年(昭和18)に東京市・東京府を廃止して東京都制が制定されたことによる。現在、都は東京都だけであるが、制度上は他の大都市所在の府県を都とすること(例、大阪都)は可能である。[高木鉦作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

と【都】

〘名〙
みやこ。都会。〔書経‐説命中〕
② 地方公共団体の一つ。道府県と同じ資格をもつもの。東京都がこれにあたる。また、東京都の略称としても用いる。
※地方自治法(1947)二八三条「都の区は、これを特別区という」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都の関連情報