コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都察院 とさついん Du-cha-yuan; Tu-ch`a-yüan

5件 の用語解説(都察院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都察院
とさついん
Du-cha-yuan; Tu-ch`a-yüan

中国,明・清代の政務監察機関。明は国初に御史台をおいたが,洪武 15 (1382) 年あらためて都察院をおき,左右都御史以下の官を定め,地方の巡察として監察御史 (巡按御史) をおいた。その職務は百官の不正を弾劾し,重大な刑事事件を審議することであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とさつ‐いん〔‐ヰン〕【都察院】

中国、時代の監察機関。明の洪武帝(朱元璋)が御史台を改編して設置。百官の非違糾弾、行政の監察をつかさどった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とさついん【都察院 dū chá yuàn】

中国,明・清時代の政務監察機関。後漢以来,監察司法の事に任ずる中央官庁として御史台があったが,1382年(洪武15)これを改めて都察院とし,左右都御史,左右副都御史,左右僉都御史,監察御史などの官を設けた。監察機関としては六部(行政),五軍都督府(軍事)と並んで三権分立の体制をとり,司法機関としては刑部,大理寺とともに三法司という。ただし中期以後には総督,巡撫など地方の大官にもこの官(僉都御史以上)を加えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とさついん【都察院】

中国、明・清代に置かれた政務監察機関。御史台ぎよしだいに代えて、1382年に設置。官吏の不正違反行為を弾劾し、重大な刑案を審議した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都察院
とさついん

中国、明(みん)・清(しん)時代の監察機関。漢代以来、中国では官吏を糾弾する御史台(ぎょしだい)という監察機関が著しく発達した。明の太祖朱元璋(しゅげんしょう)は1382年に御史台を都察院と改め、左右都御史以下、副都御史、僉都(せんと)御史、監察御史などの各官を置き、行政をつかさどる六部(りくぶ)、軍事をつかさどる五軍都督府とが並立する三権分立の体制を確立した。明の中期以後、総督、巡撫(じゅんぶ)の地方大官が設けられると、みな都御史などの官を加え、政令の統一を図ったので、総督、巡撫の権限は増大した。清朝は明制を受け継いだが、1723年に、明代以来独立機関として中央官僚の監察にあたった六科給事中を都察院所属の分局に改めて、都察院の監察権を強化した。[川越泰博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の都察院の言及

【御史台】より

…遼以後は御史中丞を御史大夫に改めたこともある。元代に入ると3院を察院中心にあわせたが,明・清代では御史台を廃して都察院を置いた。また元代に中央の御史台に対し地方に置いた行御史台は,後世総督巡撫制へと変転した。…

【御史大夫】より

…尚書省の六部尚書,門下省の侍中,中書省の中書令がいずれも正三品であるのとほぼ対等の位階をもち,百官の非違を糾弾する職責に任じた。御史台は日本の律令では弾正台となり,中国でも明・清時代には都察院という名称に変わった。【滋賀 秀三】
[日本]
 天智天皇の時代には大臣の次に置かれた官職名。…

【洪武帝】より

…同時に軍隊もそれまでの大都督府を廃止して五軍都督府に解体し,統帥権を5人の都督に分掌させ,最高統帥権を皇帝が握った。官僚の監察機関である御史台も廃止され,代わって都察院が設置され監察が強化された。彼はこれよりさき1376年には地方行政の中心機関であった行中書省を廃止し,代わって布政使司(行政),都指揮使司(軍事),按察使司(検察)を設置し,三権を分立させてそれぞれを皇帝に直結させるという改革をも行った。…

【裁判】より

…省と府の中間にはさらに道なる監督機関が設けられ,府が判決して徒刑以上と認めた事件は,犯人を府の獄にとどめて,書類は道を経て省に送られ,省では按察使が原案を作成するが,決定するのは総督・巡撫である。通常の事件は省で定まり,とくに重大な案件が中央に送られると,中央の三法司,すなわち大理寺,都察院,刑部は順次に審理して最後に天子の決裁を請う。幾重にも監督を行えば弊害を防ぎうるというのがその信条であった。…

※「都察院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都察院の関連キーワード行政監察刺史檔案明・清宗人府大司空北邙行台霊巌寺会典

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone