コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ていZheng; Chêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


てい
Zheng; Chêng

中国,代の諸侯国の一つ (前 806~375) 。姫 (き) 姓。周の 厲 (れい) 王の子の桓公が兄の宣王によって宣王 22 (前 806) 年に鄭 (陝西省) に封じられたのが始りで,桓公は周の幽王とともに犬戎 (けんじゅう) に殺されたが,その子武公は平王とともに東遷し,周の藩屏 (はんぺい) として新鄭 (河南省) に移った。前8世紀後半の荘公の頃盛んとなり,周王室を圧迫した。その後,厲公7 (前 673) 年の王子たいの乱には周の王を救ったこともあった。隣国との対立が激しかったうえ,,楚の衝突が繰返されるに及んで両国からも圧迫され,苦しい状況に追込まれた。春秋時代後期に簡公が子産を用いて各種の制度を改革し,国内の貴族の紛争を処理し,外交面では晋,楚両国の圧迫を巧みに排除して国家の保全に成功したが,子産の死後はふるわなくなり,晋やの侵入を絶えず受けながら,康公 21 (前 375) 年韓の哀侯に滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい【鄭】

中国、春秋時代列国の一。の宣王の弟桓公友が、西周末、鄭(陝西(せんせい)省華県)に封じられたのに始まる。のち河南省新鄭県に移り、前375年、の哀侯によって滅ぼされた。

てい【鄭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]テイ(漢)
ねんごろ。丁寧。「鄭重(ていちょう)
中国、周代の国名。「鄭声

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てい【鄭 Zhèng】

中国,春秋時代の侯国。前806年周の宣王が弟の友(桓公)を鄭(陝西華県東)に封じたのに始まる。周の幽王のとき,桓公は周の滅亡を予見し,東の新鄭(河南新鄭県)に遷都することに着手しようとしたが,幽王とともに桓公も犬戎に殺された。その子の武公は東遷した周の平王を助け,王室の卿として力を振るった。のち内乱が続き,春秋時代には晋と楚との間にあって,両者の圧迫に苦しんだ。その間,子産が国政を改革したが,退勢を挽回できず,戦国になると韓に攻められ,前375年に滅ぼされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てい【鄭】

中国、春秋時代の諸侯国の一(前806~前375)。周の宣王の弟、桓公友を祖とする姫姓の国。子産が宰相のとき、国力は充実したが、その死後衰え、戦国時代の初めに韓に滅ぼされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


てい

中国、周代の諸侯国の一つ。姫姓。周の宣王の弟の桓公友(かんこうゆう)が、西周末に鄭(陝西(せんせい)省華県)に封ぜられたのに始まる。桓公は周の幽王が犬戎(けんじゅう)に殺されたとき(前771)王に殉じたが、その子の武公は周の東遷に従い、(かい)と東(とうかく)の二国を滅ぼして河南省新鄭県の地に国を建てた。この武公とその子荘公(そうこう)は周の平王の卿士(けいし)となり、周の国政を左右した。しかし、荘公の死後内紛が続いて国は衰え、さらに晋(しん)、楚(そ)の南北抗争の間にあって帰趨(きすう)が定まらず、かろうじて国を保つ状態であった。紀元前6世紀中葉、一族の子産(しさん)が執政となると、その内政外交の手腕によってやや国力を持ち直したが、その死後はますます衰微し、紀元前375年、韓(かん)に滅ぼされた。[江村治樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鄭の関連キーワードそれからの夏―それからの愛しのメディアチョンシアオシュイチョンチェントー鄭玄(ていげん)鄭白の衣食に飽く甑に坐するが如しチョン・ジヨン春秋十二列国謝名親方鄭迵チョンチョウチョン・イー安南一統志元曲四大家国性爺合戦鄭注・鄭註人魚伝説大盗禅師一字の師戦国時代鄭衛の音

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鄭の関連情報