コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子産 しさん Zi-chan; Tzü-ch`an

6件 の用語解説(子産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子産
しさん
Zi-chan; Tzü-ch`an

[生]前585頃
[没]前522頃
中国,春秋時代の賢人政治家。穆公の孫,子国の子。名は僑。子産は字。大貴族の横暴を押え,下級貴族を統制して国力を充実させた。晋, 2強国の間で外交面にも活躍。前 536年刑鼎 (けいてい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しさん【子産】

[前585?~前522]中国、春秋時代鄭(てい)の宰相。法治主義によって国を治め、中国最初の成文法を作った。外交にも優れ、巧みに大国間の均衡を保ち平和を実現した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

子産【しさん】

中国,春秋時代の鄭の政治家。前536年刑法を銅鼎(どうてい)に鋳て民に示し(最初の成文法),初めて法治主義による政治を行った。小国の鄭を覇者楚・晋の間に置いて維持し,その博識・雄弁をもって賢人とうたわれ,合理主義的な考え方は孔子に継承された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しさん【子産 Zǐ chǎn】

?‐前522
中国,春秋時代の名宰相。姓は公孫,名は僑,子産は字である。鄭の穆公(ぼくこう)の孫。前543年に伯有の乱を収拾し,以後20年間,正卿として鄭国の政治をとるが,すぐれた政治的手腕と博識をもって,晋と楚との両強国の間にはさまれながら,鄭を戦禍から免れしめた。また税制や田制を改革し,貴族間の紛争を調停して,中国最初の成文法を作り,法治主義による統治を実現した。その合理主義的な考えかたは孔子に継承された。【日原 利国】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しさん【子産】

前585?~前522?) 中国、春秋時代、鄭ていの政治家。成文法を作り、国内を統治。敏腕な外交家として知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子産
しさん
(?―前522)

中国、春秋時代、鄭(てい)の大夫(たいふ)。鄭の穆公(ぼくこう)(在位前627~前606)の孫。公子国(こうしこく)の子。名は僑(きょう)、そのため公孫僑(こうそんきょう)ともいう。子産は字(あざな)。紀元前554年卿(けい)となり政治に参画し、前543年執政となり国政をつかさどった。彼は諸公子の内紛を治め、田地の区画や農村の再編、貴人大夫の専横を抑えるなど内政改革に着手し、賦税を改め(前538)、成文法典を鼎(てい)に鋳た(前436)。彼の政治は「天道遠く、人道邇(ちか)し」との言にうかがえるように、迷信を排除して人知を尽くすもので、法治を旨とする。多難な政局にあって鄭国をまとめ、法家の開祖に擬せられる。政局にあること33年、彼の道徳にかなった行動は孔子(こうし)も高く評価している。[飯島和俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の子産の言及

【孔子】より

… 孔子が理想の人物として思慕したのは,周の礼楽文化を定め,周王朝の基礎をきずいた,名宰相の周公である。直接に強い影響をうけたのは,孔子が30歳のころに没した鄭の子産――人間中心の立場,合理主義を力強く宣言した博学の政治家であった――とみられている。《論語》によるかぎり,孔子は常識人であり,凡人であったのではないか,と思われる。…

【春秋戦国時代】より

…この魏の改革の基本は,農民をはじめ国の構成員をすべて一つの法体系のもとに掌握し,個々の人民から直接租税を徴収して国家財政の基礎とし,貴族の政治への介入を排除しようとするものであった。この傾向はすでに春秋後半にあらわれ,前594年に魯では農民の耕地面積に応じた徴税が行われ,やや遅れて,鄭では宰相子産が,農民を什伍制によって再編成し,隠田(かくしだ)の調査をしたり,新たに軍事費を負担させたり,慣習法に代わって成文法を発布している。これは上述の身分制が崩れ,農村の分解が生じてきたために,従来の慣習法では社会秩序が保てなくなったからであり,また春秋後半から鉄製農具が盛行し,私的な開墾なども行われて,生産が増大し貧富差が拡大してきたことによるものであった。…

※「子産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子産の関連キーワード晏嬰晏子春秋闔閭春秋時代孫呉莫耶鮑叔牙子有青萍夏姫春秋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子産の関連情報