コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量的金融緩和 りょうてききんゆうかんわ quantitative financial deregulation

2件 の用語解説(量的金融緩和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量的金融緩和
りょうてききんゆうかんわ
quantitative financial deregulation

中央銀行金利政策でなく,市場への通貨供給量 (マネー・サプライ ) を増やすことで景気回復を目指す政策。金利よりマネー・サプライを優先する点で,マネタリズムの影響を受ける。日本銀行は 2001年3月,実質的なゼロ金利政策で一段の金利引き下げが限界にきていたことから,誘導目標を従来の金利から,銀行などが日銀に保有する当座預金残高に変更した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量的金融緩和の関連キーワード貸出政策金利政策市場介入政策金利ゼロ金利公開市場操作(open market operation)中央銀行(Central Bank)委託介入欧州中央銀行(ECB)金兌換

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

量的金融緩和の関連情報