コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量的金融緩和 りょうてききんゆうかんわquantitative financial deregulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量的金融緩和
りょうてききんゆうかんわ
quantitative financial deregulation

中央銀行が,市場の資金量の増加に目標をおいて景気回復を目指す金融政策。政策金利(→金利)の調整に目標をおく,金融政策の伝統的手法である金利政策が限界に達したなかでとられた。2001年3月,それまでの金利政策によって金利水準が実質ゼロ金利となり低下余地がなくなったため,日本銀行は,市中銀行が資金を日銀に預け入れる当座預金残高が一定水準に達するまで市場に流動性(マネー)を供給し続ける「当座預金ターゲット」による量的緩和を導入した。この量的緩和は 2006年3月,景気回復傾向をふまえ解除された。2008年のリーマン・ショック後は,アメリカ合衆国やイギリスでも量的緩和政策がとられた。第2次安倍晋三政権下の 2013年に総裁となった黒田東彦のもと,デフレーション脱却のため日銀は再び量的緩和に踏み切り,前年比 2%の消費者物価指数の上昇率を安定的に達成するまで市場から国債(→公債)を購入し続ける「量的・質的緩和」の手法をとった(→アベノミクス)。「黒田バズーカ」の異名をとる巨額の国債購入で通貨供給量(マネー・サプライ)を拡大させたが,原油価格の下落などの国際経済情勢の不安定化もあり,当初期待されたほどの効果は出ず,国債の巨額購入による日銀のバランスシート貸借対照表)の歴史的な膨張が目立つ結果となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

量的金融緩和
りょうてききんゆうかんわ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

量的金融緩和の関連キーワード金融政策の操作目標・中間目標・最終目標ステルステーパリングインフレ率目標政策マイナス金利政策準備預金制度超低金利政策日銀トレードテーパリング規制金利金融緩和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

量的金融緩和の関連情報