コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量的金融緩和 りょうてききんゆうかんわquantitative financial deregulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量的金融緩和
りょうてききんゆうかんわ
quantitative financial deregulation

中央銀行金利政策でなく,市場への通貨供給量 (マネー・サプライ ) を増やすことで景気回復を目指す政策。金利よりマネー・サプライを優先する点で,マネタリズムの影響を受ける。日本銀行は 2001年3月,実質的なゼロ金利政策で一段の金利引き下げが限界にきていたことから,誘導目標を従来の金利から,銀行などが日銀に保有する当座預金残高に変更した。日銀が債券などを買い入れることで大量の資金を市中に供給し,景気刺激やデフレ脱却をあと押しするもので,バブル経済崩壊後の不況は資金供給不足のために長期化したとの認識が背景にあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

量的金融緩和
りょうてききんゆうかんわ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

量的金融緩和の関連情報