コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針ノ木岳 はりノきだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針ノ木岳
はりノきだけ

長野県大町市と富山県立山町との境,飛騨山脈後立山連峰の最南端山。標高 2821m。ピラミッド形の山容が名称の由来。東斜面は高瀬川の支流籠川が深い谷を刻み,日本三大雪渓の1つといわれる針ノ木雪渓がある。山頂からは眼前に立山連峰,眼下に黒部湖を展望できる。山頂南東方に針ノ木峠がある。中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はりのきだけ【針ノ木岳】

長野・富山県境,飛驒山脈のほぼ中央,黒部湖の東岸上にそびえる後立山(うしろたてやま)連峰南端の山。標高2821m。古くは,信濃側で厩窪(まやくぼ)の頭,越中側で地蔵岳とよばれていたが,一般には用いられず,大正初め登山家辻本満丸によって東方の針ノ木峠にちなんで名付けられた。山体は下半部が花コウ岩,上半部が安山岩類から構成されている。頂上の東側直下に,氷河の浸食によってできた厩窪カールがある。登山路は大町有料道路の扇沢から,籠川の谷をさかのぼる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(長野県)〕針ノ木岳(はりのきだけ)


富山・長野県境、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部の後立山(うしろたてやま)連峰南部の一峰。標高2821m。東側山腹の針ノ木雪渓は日本有数の大雪渓で、頂上直下にマヤクボとよばれるカール(圏谷(けんこく))も見られる。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。東方約900mの針ノ木峠は古くから越中(えっちゅう)(富山県)と信濃(しなの)(長野県)を結ぶ要路として知られた。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

針ノ木岳の関連情報