コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉈彫 なたぼり

4件 の用語解説(鉈彫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉈彫
なたぼり

木彫の技法。鉈を用い,また鉈を用いたかのようにおおまかな面で彫刻するもの。アフリカ黒人彫刻にその作例が多い。日本の仏像彫刻では,像身表面に丸鑿 (のみ) の彫り跡を縞模様に残した像を鉈彫像と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なた‐ぼり【×鉈彫(り)】

表面に丸鑿(まるのみ)の彫りあとを残した木彫。平安中期から鎌倉初期の関東から東北にかけて多くみられ、未完成のものとする説もあるが、仏像彫刻の一様式と考えられる。神奈川県弘明寺(ぐみょうじ)の十一面観音像など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉈彫【なたぼり】

像の表面をなめらかに仕上げず,鉈で削ったような荒いのみ目を残す彫刻技法。平安〜鎌倉時代中部地方以東で行われた地方様式で,丸のみの痕(あと)を平行に整然とつけ力強い表現効果をねらう。
→関連項目宝城坊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なたぼり【鉈彫】

像の表面に丸鑿(まるのみ)の痕を残す木彫技法,およびその技法で作られた木彫像。鑿痕は像全体に施される場合と,正面だけなど部分的に施される場合とがある。彩色,漆箔は施されず素地のまま仕上げられ,作風は概して稚拙,素朴である。10世紀以後平安時代後期を中心に製作され,鎌倉時代以後の遺品はまれである。関東地方を中心に,富山,愛知以東の東日本に遺る。かつてこれを荒彫の段階で放置された未完成像とする論があったが,鑿痕が意識的につけられたと思われる像が多いこと,年代的にも地域的にも遺品が偏在していることなどから,現在ではその表現効果を意図して製作された完成像とするのが通説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉈彫の関連キーワード銀鏡額面通りゴージ言葉を残す名を残す肌砂斧鑿胡椒の丸呑み積残す丸鑿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉈彫の関連情報