コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉈彫 なたぼり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉈彫
なたぼり

木彫の技法。鉈を用い,また鉈を用いたかのようにおおまかな面で彫刻するもの。アフリカ黒人彫刻にその作例が多い。日本の仏像彫刻では,像身表面に丸鑿 (のみ) の彫り跡を縞模様に残した像を鉈彫像と呼ぶ。一見未完成とも見えるが作例も多く,一つの造像法と考えられている。制作は 11世紀後半以降,平安時代末期に集中しており,関東,東北地方に多く分布している。古い遺品では弘明寺の『十一面観音像』が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なた‐ぼり【×鉈彫(り)】

表面に丸鑿(まるのみ)の彫りあとを残した木彫。平安中期から鎌倉初期の関東から東北にかけて多くみられ、未完成のものとする説もあるが、仏像彫刻の一様式と考えられる。神奈川県弘明寺(ぐみょうじ)の十一面観音像など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉈彫【なたぼり】

像の表面をなめらかに仕上げず,鉈で削ったような荒いのみ目を残す彫刻技法。平安〜鎌倉時代に中部地方以東で行われた地方様式で,丸のみの痕(あと)を平行に整然とつけ力強い表現効果をねらう。
→関連項目宝城坊

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なたぼり【鉈彫】

像の表面に丸鑿(まるのみ)の痕を残す木彫技法,およびその技法で作られた木彫像。鑿痕は像全体に施される場合と,正面だけなど部分的に施される場合とがある。彩色漆箔は施されず素地のまま仕上げられ,作風は概して稚拙,素朴である。10世紀以後平安時代後期を中心に製作され,鎌倉時代以後の遺品はまれである。関東地方を中心に,富山,愛知以東の東日本に遺る。かつてこれを荒彫の段階で放置された未完成像とする論があったが,鑿痕が意識的につけられたと思われる像が多いこと,年代的にも地域的にも遺品が偏在していることなどから,現在ではその表現効果を意図して製作された完成像とするのが通説である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鉈彫の関連キーワード伊勢原(市)伊勢原市木食上人密教美術鉈彫り円空

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉈彫の関連情報