コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀盤 ギンバン

デジタル大辞泉の解説

ぎん‐ばん【銀盤】

銀製の皿や盆。
平らな氷の表面。特に、スケートリンクの美称。「銀盤の女王」
銀葉(ぎんよう)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ぎんばん【銀盤】

富山の日本酒。酒名は、昭和の初め、近くのスキー場の雪原が朝日で一面照り輝き、その壮観にちなみ命名。米を28~35%まで精白して仕込む「超特撰 米の芯」はやや辛口の純米大吟醸酒。ほかに大吟醸酒、純米酒本醸造酒など。全国新酒鑑評会で多くの受賞実績がある。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は黒部川扇状地伏流水蔵元の「盤酒造」は明治43年(1910)創業。所在地は黒部市荻生。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

銀盤(ぎんばん)

富山県、銀盤酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎんばん【銀盤】

銀製、または銀めっきの皿や盆。
平らな氷の面、特にスケート-リンクの美しさをたとえていう語。 「 -の女王」
銀葉ぎんよう 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銀盤の関連キーワードジェフリー・バトルアイス・ショーアストロラーブスケートリンク黒部峡谷ビールソニア ヘニー秘峡黒部ビール加賀の井酒造イドリーシー写真天頂筒銀めっき銀の氷筍スケート三日夜餅高村豊周金属工芸富山県吟・銀転ばすヘニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀盤の関連情報