コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズク

デジタル大辞泉の解説

ずく〔づく〕【×銑】

銑鉄(ずくてつ)」の
銑銭(ずくせん)」の略。

せん【銑】[漢字項目]

人名用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]ずく
鉄鉱石を溶かし取り出した鉄で、不純物を含むもの。ずく。「銑鉄溶銑
[補説]原義は、精錬された金属。平成22年(2010)常用漢字表から削除、人名用漢字に追加された。
[名のり]さね

つく【×銑/×釻/柄】

弓の弭(はず)異称。また、そこにはめる金具。
鉄棒・十手などにつける折れ釘。
荷棒の両端に作った綱をとめるもの。
(柄)櫂(かい)・櫓(ろ)や手棹(てざお)などの、手をかける部分の呼称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずく【銑】

〔「銑鉄ずくてつ」の略〕
銑鉄せんてつの俗称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【鏟∥銑】より

…中国明代の《正字通》に〈鉋は鏟を木筐中に銜(ふく)む〉とあり,台鉋(だいがんな)のことを意味すると考えられる。現代は銑の字があてられるが,根拠不明である。鏟(銑)は桶屋,柿(こけら)屋,下駄屋などが用いる。…

※「銑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銑の関連キーワードマンネスマン[会社]神戸製鋼所[株]デマーク[会社]本渓湖煤鉄公司高炉メーカー球状黒鉛鋳鉄広田弘毅内閣製鉄・製鋼エヌテック鋳鉄・鋳鋼結城豊太郎連続製鋼法獅子の時代チルド鋳物乾式製錬電気製銑電気冶金鋳物工業松笠風鈴北村湖南

銑の関連情報