コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子[市] ちょうし

百科事典マイペディアの解説

銚子[市]【ちょうし】

千葉県北東部の市。1933年市制。利根川最下流の右岸の低地と台地を占める。河口部にある中心市街は銚子港を中心に利根川水運の要地,漁師町として発展。総武本線成田線,銚子電鉄が通じ,利根川に1962年完成の銚子大橋がかかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうし【銚子[市]】

千葉県北東端の市。銚子半島に市域が広がり,市街地は利根川河口に臨む。1933年市制。人口8万2180(1995)。近世初期に飯沼・外川地区に紀州の漁民が進出してイワシ漁業をおこし,東廻海運の確立後は海洋航行の千石船と利根川をさかのぼる高瀬舟との積替港,また地元のしょうゆ,水産物,干鰯(ほしか)・〆粕(しめかす)などの発送地としてにぎわった。その後,東廻海運の江戸直行や明治末期の総武鉄道(現,総武本線),成田鉄道(現,成田線)の開通で河港は衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

銚子[市]の関連キーワード水郷筑波国定公園犬吠埼

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銚子[市]の関連情報